世界遺産・国立西洋美術館で同館の設計者ル・コルビジュエの展覧会開催

太田出版ケトルニュース / 2019年2月20日 12時3分

国立西洋美術館にて開催中

2月19日(火)より、東京・上野の国立西洋美術館にて、同館を設計したル・コルビュジエの絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど、多方面にわたった活動を振り返る展覧会『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代』が開催されている。

国立西洋美術館は、2016年にユネスコ世界遺産に登録された、日本を代表する建築物。その国立西洋美術館を設計したのが、今回の展覧会で取り上げているル・コルビジュエ(1887~1965)だ。

ル・コルビジュエは、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」に数えられており、『サヴォア邸』『ロンシャンの礼拝堂』『ユニテ・ダビタシオン』『ラ・トゥーレット修道院』(いずれもフランス)、『ヴァイセンホ-フの住宅』(ドイツ)、『チャンディガールのキャピトルコンプレックス』(インド)など、世界的な名建築を数多く設計。近代建築への多大なる貢献が認められ、国立西洋美術館を含む彼の作品が、大陸を超えてユネスコ世界遺産に登録された。

同展は、建築のほかにも様々なジャンルで才能を示したル・コルビジュエの活動のうち、パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動に推進した時代に焦点をあて、約10年間の活動をたどるものだ。ル・コルビジュエことシャルル=エドゥアール・ジャンヌレは1918年末、画家のアメデ・オザンファンとともに、芸術に普遍的な規則を設け、比例と幾何学によって明快な構成を作りあげるピュリスムの運動を提唱。会場では、オザンファンとの密接な協力関係によるピュリスム絵画の展開をたどることで、ル・コルビュジエの造形思考の原点を振り返る。

『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代』は、2019年2月19日(火)~5月19日(日)まで、国立西洋美術館(台東区上野公園7-7 JR上野駅徒歩1分)にて開催。開館時間は9:30~17:30(金・土は21:00まで)。休館日は月曜日(3月25日、4月29日、5月6日は開館)、5月7日。観覧料金は当日一般1600円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング