原画、キン消し、オリジナルグッズが多数登場 『キン肉マン 友情の40周年展』

太田出版ケトルニュース / 2019年10月11日 12時34分

(C)ゆでたまご/集英社

10月16日(水)より、東京・池袋の東武百貨店池袋店にて、『キン肉マン 友情の40周年展』が開催される。

『キン肉マン』は1979年に『週刊少年ジャンプ』で連載開始。作者の“ゆでたまご”は、小学校の同級生である原作者・嶋田隆司と作画・中井義則の合同ペンネームで、『キン肉マン』はデビュー作となる。その人気は凄まじく、1983年にはアニメ放映がスタートし、キャラクターのゴム人形の消しゴム、通称「キン消し」が大ブームに。現在も『週プレNEWS』で連載は続いており、シリーズ累計発行部数は7500万部を突破している。

会場では、デビュー作から最新作までのカラーイラスト、貴重な原画など100点以上を展示。『少年ジャンプ』を表示を飾ったキン肉マン、読者アンケートで初めて首位になった記念すべき回、キン消しやフィギュアなどが登場し、「ゆでたまご先生の歴史」「キン肉マンと闘った超人たち」「闘いの軌跡」「友情パワー」「新章 新たなる闘い!」「懐かしいお宝グッズ」「フォトスポット」といったキーワードで40周年を振り返る。さらに、等身大キン肉マン・フィギュア、テリーマンのテンガロンハットほか、オリジナルグッズも多数登場。ファン必見の展覧会となっている。

『キン肉マン 友情の40周年展』は、2019年10月16日(水)~10月29日(火)まで、東武百貨店池袋店8階催事場(豊島区西池袋1-1-25)にて開催。開場時間は10:00~20:00(最終日は午後18:00まで)。入場料は一般1300円。

【関連リンク】
キン肉マン 友情の40周年展

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング