1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

明治大学「現代マンガ図書館」リニューアルオープン 記念企画展も同時スタート

太田出版ケトルニュース / 2021年3月17日 17時0分

3月19日にリニューアルオープン

明治大学「現代マンガ図書館」が3月19日(金)にリニューアルオープン。同日から『現代マンガ図書館資料から生まれた書籍たち展』がスタートする。

明治大学「現代マンガ図書館」は、日本を代表するマンガ資料収集家の故・内記稔夫氏の資料を集めた、国内最大級の蔵書数を誇るマンガ専門図書館だ。内記氏が50年以上にわたって集めたコレクションは、評論集などのマンガ関連資料を中心に27万冊あまり。特に昭和30年代に発行された貸本マンガの蔵書が充実しており、マンガ史上重要なマンガ家のデビュー作や、初期の作品を読むことができる。

東京都新宿区早稲田にあった同館は、明治大学・駿河台キャンパス(東京都千代田区)への移転のために2019年12月から休館していたが、このたび移転が完了し、リニューアルオープンすることになった。明治大学は、内記氏と共に日本を代表するマンガコレクターである故・米沢嘉博氏の蔵書の寄贈を遺族より受け、これを核にマンガとサブカルチャーの専門図書館「米沢嘉博記念図書館」を開館しており、今回の「現代マンガ図書館」の移設により、内記氏と米沢氏の蔵書が複合的に閲覧可能となる。

リニューアルオープンを記念する企画展『現代マンガ図書館資料から生まれた書籍たち展』は、「現代マンガ図書館」所蔵の資料を利用して作られた書籍をピックアップ。同館資料を使って生まれた書籍と、その誕生に役立った資料を紹介する。

『現代マンガ図書館資料から生まれた書籍たち展』は、2021年3月19日(金)~5月30日(日)まで、明治大学 米沢嘉博記念図書館1階企画展示コーナーにて開催。開場時間は、月・金が14:00~20:00、土・日・祝が12:00~18:00。休館日は火・水・木、4月29日、5月4日、5月5日。


【関連リンク】
現代マンガ図書館資料から生まれた書籍たち展

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング