ネットに悪役を押し付けた既存メディアの手口~ネットウヨク論:番外編

東京ブレイキングニュース / 2013年12月29日 14時0分

写真

 今回書くお話は、私にとっては自分の過去の悪事を公表するに等しい内容である。テーマは 「ネットに悪役を押し付けた既存メディアの手口」 だ。

 2000年代の前半頃、私はとある大手情報サイトのプロデューサーをやっていたのだが、その当時はネットメディアがまだまだ正当な評価を得ておらず、個人のツテで記者会見の場などに潜り込んでも、媒体がネットというだけで白い目で見られたり、酷い時には 「遊びでやってる素人は後ろに行けよ!」 と、ベテラン記者風のオッサンに罵声を浴びたりするのが当たり前だった。

 今ではニコニコですら堂々と記者会見に入れたり、党首討論の中継を流したりしているが、あの当時では考えられなかった事である。この部分に関しては、ドワンゴに対して 「よくやってくれました!」 と素直に賛辞を贈りたい。

 余談になるが、あの頃苦渋を舐めていた 「ネット記者」 に救いの手を差し伸べてくれたのが故梨元勝氏で、梨元さんは本当に情報を取って来れる人間であれば媒体に拘らず接してくれ、会見場の入り口で揉めていると 「彼はボクが連れて来たんですよ~」 と、わざわざ自分の隣の席を空けてくれたり、自分に回って来たネタを 「これボクじゃよく解らないから一緒に来てよ」 と誘ってくれもした。当時の梨元さんは、ジャニーズやバーニングに同時に喧嘩を吹っ掛けてTV業界を干され、ネットに活路を見出そうとしていた時期だったので、それもあって "何か" をひっくり返そうとしていたのかもしれない。

 また、そんな状況下にあったネットに拠点を置く記者らが 「大手メディアがやれるもんならやってみろ!」 と、腹を括って大成果を挙げたのがライブドア騒動なのだが、この辺りの話は本題から外れるのでまたの機会に。

 本題に入るが、あの当時無名なネット記者が日の当たるメディア(TV・新聞・雑誌...) に何かしら絡めるチャンスがあるとすれば、それは唯一 「既存メディアの保険」 として動く時だけだったように思う。

 どういう事かと言うと、週刊誌や実話誌(またはTV) が裏を取り切れないちょっと危ない案件を扱う場合に 「まずネットにやらせてそれを拾おう」となり、その 「ネットにやらせる部分」を請け負うのである。これはやらされる側からすると非常に危険度が高いため、本当に危なすぎるネタの場合は情報サイトや個人ブログなどに書くのも恐ろしく、どうしたって2ちゃん・阿修羅・論談のような投稿型サイトに "飛ばす" しかなかった。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング