5年振りに出所した関東連合OBは「六本木クラブ襲撃事件」をどう見たか?

東京ブレイキングニュース / 2013年12月28日 14時0分

写真

 市川海老蔵暴行事件に始まり、芸能界のみならず裏社会全体を巻き込んだ「関東連合」による一連の事件。2013年は、社会的インパクトが大きかった六本木クラブ襲撃事件の公判が開かれ、石元太一被告(32)が懲役11年の実刑判決を受けるという形でひとまずの幕を閉じた。

 だが、関東連合が関わる事件はこれだけには収まらない。とくに振り込め詐欺での関与は広範囲で、現在でも多くの関係者が収監されている。そんな最中、詐欺事件で服役していた関東連合OBが出所した。

 彼が逮捕されたのは、今から5年ほど前。「関東連合」の名前がまだ一部にしか知られず、芸能界、AV業界、飲食業界、IT業界、闇金、詐欺などで最も猛威を奮っていた時期である。

「久々のシャバはまるで日本が変わったみたいですね。昔の仲間で社会的に成功してる奴もいるけど、そんな奴に限ってこっちを避けるし。何より自分の居場所が無くなってた、と言う感じですか」

 彼は5年ぶりのシャバに対して、素直に戸惑いを隠さなかった。

ーーどんな事件起こしたのか。

「オレオレ詐欺です。被害額もたいしたことないし、下らないです」

ーー被害額は?

「明らかになってるのは3千万円くらい。俺は共犯ですけど主犯は8年でまだ刑務所です」

ーー主犯も関東連合関係者なのか?

「そうです。元々、歌舞伎町でホストやってた連中で集まって金融やったりして初めは振込み詐欺をやっていた。だけど回収率が低いのでオレオレ詐欺になりましたね」

ーー回収率が低いとは?

「出会い系の業者から名簿買って、無差別に登録料金未納のメールや電話したんですけど、始めた当初は面白いように金が入ってきた。ほとんど1日中、いたずら電話の感覚でやってて、面白いように儲かりましたね。でも同業が多くなって、振り込む奴が一気に減ったので、オレオレ詐欺に転向。でも2年ほどしたら被害届けを出されて、あえなく逮捕されました」

ーー被害弁償はしたのか?

「逮捕された時点でたいした金は持っていなかったのでしていません。いまも金ですからね」

ーー5年前と今では何が一番変わったか?

関東連合が準暴力団に規定されたことじゃないですか? これは懲役に行ってる時に雑誌で読みました。だけど自分が出所するまで、ここまで関係者がバラバラになってるとは思いませんでしたね」

ーー六本木クラブ襲撃事件に関しては?

「自分もシャバにいたら巻き込まれていたでしょうね。だけどこれはまずいな、と思いました。やりすぎだって」

ーー襲撃メンバーとの面識は?

「もちろん、あります。石元被告は面倒見もいいし、上の人にも可愛がられてたし」

ーー今後はどうするつもりか?

「シャバを出たら面倒を見る、と言ってた先輩も自分を避けていますしね。今は何も思いつかないですね。どうしたらいいのかも分からない状態です。何か儲かる商売はないですね」

 長期間服役した人間は「務所ボケ」と言われる状態が続き、一般社会に慣れるまでに数ヶ月、長ければ数年という時間を必要とする。とくに関東連合関係者を取り巻く環境はここ数年で激変した。若くして大金を掴んだ彼らはその味を忘れられず、またその夢を見てしまう。彼がそのような道に戻らないを祈るばかりである。

Written by 西郷正興

Photo by ℓαurα.Kαthαrinα

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング