効き目抜群だけど死亡事故多発!? 「中華バイアグラ」試飲&内部事情リポート

東京ブレイキングニュース / 2014年1月12日 14時33分

写真

 先日アップされた西郷正興氏の記事を読み、私も以前似たような危ない経験をした事を思い出した。(とはいえ麻薬の類ではないが)

 今を去ること10年以上前、複数の知人からほぼ同時に 「中華バイアグラ」 なる精力剤を勧められた。最初に教えられたのは、日本ならばカタカナ表記されるであろう成分を主とした不穏な物で、さすがにそれは恐ろしすぎたので無視したのだが、次に勧められたのは 「漢方で作ったバイアグラだから安心!」 というキャッチコピーが付いた紫色のタブレットだった。

 正直に言うと、漢方だろうと何だろうと中国製の精力剤など死んでも飲みたくはなかったのだが、勧めてきた本人も常用していて副作用はないと言うし、数粒だったらタダであげると言うし、それならばと自分の身体で人体実験してみる覚悟を決めた。

 その 「自称:漢方バイアグラ」 は、通常のバイアグラと効果はほぼ同じだとされ、早い話が 「海綿体に無理やり血を溜めれば勃起が持続すんじゃね?」 という考え方である。したがって、それ自体に催淫効果の類がある訳ではない。あくまで性交の前に服用しておく事で、性的興奮を覚えた際に海綿体にジャンジャカ血が流れて行くという寸法だ。

 肝心の効き目はと言うと、この時に使った漢方バイアグラに関して言えば中々のスグレモノだった。というのも、当時の私はアングラAVメーカーの社員で、日常の業務として「シャバで暮らしていたらまず目にする事はないであろうカタストロフ的なアングラAV」の編集・モザイク掛けを行っていたのだが、その作業中に愚息がついうっかり猛り狂いやがったのである。

 普段であれば明鏡止水と表現すべき無を極めた精神状態で黙々と作業するところなのだが、その日は仕事の合間に受け取ったばかりの漢方バイアグラを1粒飲んでしまっていた。飲んだ時点では何も変化も感じなかったため「まあ中国製なんてこんな物か」と思い込んでいたのだが、その当時の私は不勉強で、バイアグラがいかなるものかをイマイチ理解していなかった。上で説明したように、飲んだだけでは効果が出なくて当たり前なのだ。

 そんな事とはつゆ知らず、掴まされた感にガッカリしながらブラジルから輸入したスカ○ロビデオの編集作業をしていると、モニターに映し出されたモデルの後ろの穴から、褐色の物体と一緒にぎょう虫だか回虫だかがコンニチワ。そのモデルはいつもの事だと言わんばかりに「ワ~オ!」とか何とか言いながら白くて長細い虫を指でちぎる。そんな終末的な映像を見た瞬間に私の愚息もワ~オ! しかも司令塔である私の必死の制止を無視して、愚息はますます強度を増すばかり......。これが仮に軍隊であれば、明らかな命令違反であり、軍法会議ものの失態である。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング