「平成最後の泣ける話」と話題! あなたはもう聴きましたか? 銀杏峯田と若手芸人の駆け抜けた“青春”

TABLO / 2019年4月27日 17時23分

『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』

少し前の話題になりますが、3月31日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)、皆さんご覧になりましたか?

この回は銀杏BOYZのボーカルであり俳優としても活躍する峯田和伸さんがゲスト出演し、峯田さんが自作してきた“エピソードカルタ”を元に様々なエピソードを語るという内容でした。峯田さんは女優の有村架純さんの胸にたまたま肘が当たってしまって嬉しかったという話、女優の麻生久美子さんと2回ほどプライベートでデートしたことがあるという話、お金が無くて部屋に落ちていた陰毛を集めて紙に巻いてタバコ代わりに吸っていた話、自らの精子を生き物だと思って飼ったことがあるという話など、バラエティに富んだエピソードで場を盛り上げ、共演のダウンタウンやココリコ、山崎邦正さんなどを爆笑させていました。

参考記事:口腔底がん余命三年宣告でもオイラは歌う! 壮絶『オナニーマシーン』イノマーの言葉を聞け|暴走対談 | TABLO

そんな中、峯田さんが自分のファンとの思い出について語る場面があり、その話が「泣ける」と一部で話題になっていました。後日談も含め、峯田さんの愛すべき人柄が伝わってくるその話を振り返っていくことにしましょう。

峯田さんは番組内で「再会して 感動したぜ とあるファン」という札を読み上げながらエピソードを披露。峯田さんいわく、10数年前にどのライブ会場にも見に来る高校生のファンがいて、彼は東北などの遠方でライブを行っても必ず見に来てくれていたとのこと。峯田さんは「(地方遠征の際)泊まるとこないっつうから、部屋に泊めたりしてたんですよ」と彼との思い出を語りながら、その彼を見なくなり「元気にしてるのかな…」と思っていた矢先、昨年彼から「実は吉本で芸人やってます」と知らされたことを明かしました。

峯田さんは彼から「自分がいっぱしになって、単独ライブをやる感じになったら…、それまで峯田さんに連絡しちゃいけないと思って黙ってました。今度単独やるので観に来てください」というメールをもらい、ライブを観に行ったことを報告。とてもうれしそうに「面白かったです!」と感想を述べていました。番組ではそのファンがお笑いコンビ・空気階段の鈴木もぐらさんであることを紹介し、共演陣も心温まるエピソードに感心していたのでした。

すると今度は番組放送後の4月5日、『マイナビ・ラフターナイト』(TBSラジオ)の中で放送されている『空気階段の踊り場』にて、もぐらさんが峯田さんとの思い出についてアンサーしたのです。

この話は相方だけでなく、リスナーからも「泣けた!」という声が多く寄せられたのでした。

もぐらさんは相方である水川かたまりさんにも峯田さんとの話を全くしていなかったとのことで、水川さんは峯田さんが単独ライブに来るまで2人の関係性を知らなかったそう。水川さんがもぐらさんになぜ今まで峯田さんとの話をしなかったのか質問すると、もぐらさんは、

「俺がね、中途半端な状態で『銀杏BOYZの峯田さんとすごく仲良くさせてもらって』みたいなことを言うことによって、なんか銀杏BOYZに迷惑がかかったりとかも嫌だし」

「俺らみたいなもんが銀杏BOYZという名前を出して注目される、みたいなのも嫌だというか。それもなんか違うなと。だから、そういうの関係なしに、いっぱしになって共演できたら嬉しいなという思いはあったんです」

と心境を吐露。続けて「でも今回は峯田さんのほうから俺の名前を出してくれましたんで、こちらをお送りしようと思います」としながら『駆け抜けてもぐら〜僕と銀杏の青春時代〜』というタイトルを発表。思い出の銀杏BOYZの曲とともに、高校生時代の自分と峯田さんとのエピソードを詳しく語りました。

もぐらさんによると、高1の頃から銀杏BOYZのライブに1人で通いつめていたそうで、出待ちなどしているうちに峯田さんに顔を覚えてもらい「おー、もぐらじゃん」と声をかけてもらっていたとのこと。そして高2の時に神奈川県・横須賀のライブハウスに早めに着いたので会場の前をウロウロしていたら峯田さんと遭遇。すると峯田さんが「時間ある? 飯行く?」と誘ってくれ、憧れの人と一緒にハンバーガーを食べるという幸運に恵まれたそう。

さらに高3になり、銀杏BOYZが青森の弘前でライブをやるので学校を休んで追いかけていき、またライブハウスの前でウロウロしていると峯田さんと遭遇。すると峯田さんは「泊まるとことかあんの?」と質問し、「用意してなくて」ともぐらさんが答えると、「スタッフでちょっと手伝ってくんない?」と言いながら簡単な雑用をお願いし、ライブ後は遊びに連れていき、そのまま自分のホテルの部屋にもぐらさんを泊めるなど、面倒を見てくれたそう。

もぐらさんはその時のことについて「峯田さんが『お前泊まるとこないんだろ? 俺の部屋来な。今日手伝ってくれたしな』って言ってくれるわけよ。最初に俺が『今日どうしよう』って言った時点で、たぶん泊めてやろうと思ってくれてたんだろうね。だから、あえてそういうチラシとかを挟む仕事をくれたんだと思うんだけど」と峯田さんの優しい思いやりに感謝し、水川さんも「すごいな…」と感極まった様子で話を聞いていました。

しかしその後、もぐらさんは本気で芸人を目指すようになり、中途半端な自分で大好きな峯田さんに会えないという気持ちから銀杏BOYZのライブに足を運ばなくなったとのこと。

そして昨年2018年3月に行われた単独ライブの半年ほど前に、高円寺の居酒屋で偶然、峯田さんに高校生の時以来の再会。もぐらさんは最初は声をかけないほうがいいと判断し気づかないふりをしていたものの、峯田さんのほうが「あれ? もぐらじゃない? どうしたお前!」と気付いたとのこと。さらに別れ際には「いつでも連絡してこいよ。俺のメールアドレス分かるだろ?」と言ってくれたので、悩みに悩んだもぐらさんは、何と単独ライブ当日の朝4時というギリギリのタイミングで峯田さんに誘いのメールを入れたそう。

すると峯田さんはすぐに「当日の朝4時に『来てほしい』つって、こうやってメールしてくるお前のことが俺は好きだ。明日、予定を空けて行きます」と返信してくれ、当日ライブに足を運んでくれたとのことでした。

YouTubeにアップされたもぐらさんの話を聴こう! ↓

このもぐらさんの話はかなりの人の胸に響いたようで、ネットでも「峯田さん、存在がもはや福祉…」「青春マンガのような最高に泥臭く美しいエピソード」「峯田さんのカッコ良すぎる話はもちろん、もぐらさんの決意に胸が震えた」「電車で踊り場聴いてたら泣いちゃった」といった絶賛の声が溢れていました。

「この話を聞いて、ファンはもちろんのこと、かなりの人が峯田さんのことを“信用できる”と思ったのではないでしょうか。峯田さんは現在の芸能界において、素人くさいところと類まれなるタレント性が奇跡的にミックスした、かなり魅力的な逸材なのは間違いないところ。現在、脚本家の岡田惠和さんや宮藤官九郎さんなどに見込まれて俳優業が順調ですが、そのうち同じく俳優業と音楽業ともに成功している星野源さんを脅かす存在になるかもしれませんよ」(テレビ局勤務)

参考記事:復活したモーニング娘。一期生の福田明日香は潜伏中に素人とカラオケをデュエットしていた!| TABLO

峯田さんともぐらさん、この2人がステージや番組で共演する姿が早く観たいですね!(文◎小池ロンポワン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング