副業のために“出勤”している人が大多数!? 10万円以下の収入なのに「働き過ぎ」だというデータが…

TABLO / 2019年5月10日 11時54分

先日は「企業における副業の是非」をテーマに記事を書いてみました。あちらはマクロな視点でしたが、今回は〝副業する側〟に目を向けたミクロなデータを調査してみます。

関連記事:未だに「副業禁止」を社員に課している会社はブラック企業では? それ、憲法違反ですよ! | TABLO

まず、グラフ1は副業をしている人(副業をしたことのある人を含む)の職業ジャンルについて調査したものです。最も多かったのが「オフィスワークや事務系の内職」で23.8%。そして、2位に「接客業」の21%、3位に「株、FX」の20%と続きます。

「副業」というと、株やFX、アフィリエイトのように自宅で行えるものというイメージでしたが、外勤のアルバイト系が副業従事者のメインジャンルというのは意外でした。

次に副業をしている人がどれくらいの次期から始めたのかを調べたのがグラフ2です。

どの副業ジャンルでも、ここ1~2年で始めている人が多い傾向。たくさんの人が副業への興味を抱くようになり、また、副業をスタートできる環境も徐々に整いつつあるのではないでしょうか。

そして、おそらくみんなが気になっている副業の収入について見ていきましょう。

参考記事:消費税増税に合わせて「キャッシュレス決済ポイント還元」がスタート 他人と差をつけるおトクな買い方 | TABLO

グラフ3は副業の平均月収を調査したデータになります。

最も多かったのが「5~10万円未満」で、8割以上の人が月収10万円未満でした。一般的なサラリーマンの月収には及ばないとはいえ、本業の収入とは別に月数万円も稼ぐことができるんですから、かなり魅力的ではないでしょうか。

参考記事:タダでもらえた人が続出!? ドーナツ、ポテト、コーヒーにアイス…こんなにも簡単な100%無料入手法 | TABLO

最後に、副業従事者の労働時間を調査したデータがグラフ4となります。

 

左側が1週間あたりの「副業時間」を、右側が1週間あたりの「総労働時間」のグラフなんですが、副業従事者のみなさんは結構なハードワークをしていることがわかります。

まず、1週間あたりの副業時間は「5~10時間未満」が29.6%で最も多く、平均すると「10.32時間」でした。正業も含めた1週間あたりの総労働時間は「50~60時間未満」が33.1%と最多で、平均した時間は「54.81時間」です。というか、1週間で「20時間以上」も副業に時間を割いている層が13.8%、総労働時間「70時間以上」が11.1%とかなりいるじゃないですか。

本業のサービス残業よりもはるかにモチベーションが上がる副業ですが、のめりこみ過ぎると体調を崩してしまうというリスクも懸念されます。せっかく本業というベースがあるのですから、“稼げる”ということだけにとらわれない副業選びをしてみるのもよいかもしれません。(文◎百園雷太)

あわせて読む:野村證券が1000億円の赤字転落!? そりゃそうでしょ! 圧倒的に安く、商品数も桁違いのネット証券がいま激アツ!! | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング