波紋を呼ぶNHK特集「若年女性の貧困」と「デブ専売春あっせん女」のその後

東京ブレイキングニュース / 2014年2月2日 11時6分

写真

 1月27日に放送されたNHK『クローズアップ現代/あしたが見えない ~深刻化する"若年女性"の貧困~』の内容が波紋を呼んでいる。

 この番組では貧困状態にある若い女性が取り上げられ、彼女達の置かれた「あまりにも明日が見えなすぎる」苦しい状況がレポートされている。番組の調べでは、10~20代の働く女性は全国で約500万人おり、その内の約半数が非正規雇用者なのだそうだ。

 こうした働く若い女性の中でも、特にシングルマザーの苦しさが際立っており、働きたくてもまともな職がない。仮に労働時間や勤務地など条件に合う職があったとしても、子供が預けられなければ働けない。では万策尽きて生活保護を......と申請を出しても、役所によってはすぐに受理してくれないとか、実際にお金が入るまでに何ヶ月もかかるなど、今日明日食べる物に困っている人間への対応とは思えないお役所仕事をされてしまう。

 ところが、女性向けの求人募集の中には給与が良く、寮も託児所も完備されており、子供の心配をせずにお金が稼げる夢の様な業種もある。それが「性風俗産業」いわゆるソープだヘルスだの類だ。

 上の記事の場合は「身体が規格外すぎて普通の生活が送れない」という女性が、他に選択肢もなく、風俗に落ち着いてしまう現実に触れた。これと同様に、頼る人間のいないシングルマザーも風俗くらいしか行き場がないのである。しかも風俗業界の方が給与が良く、そして女性の身体自体を商品とするだけに福利厚生や安全管理が手厚い(※ただしこれについては後ほど補足があります)。さらには身体を売る事に変わりはないが、その中でも「自分にどこまでのプレイが可能か?」によって、業務の内容を細かく選べてしまう(本番がOKなのか、口や手だけにしたいのか、もっとニッチなプレイも可能なのか......)。ここまで条件が揃っていたら、そりゃ「正業とはなんぞや?」という結論に至るのも仕方ないだろう。そもそも正業に就いたって未来がないのだから、お金が必要な一時だけ風俗の世界に身を置く決断をしたとして、誰がそれを責められようか?

 そもそも、我が国の治安維持に関する根本の部分には「真っ当に生きる手段がいくらでも用意されている」という大前提がある。厳密に言えば "あった"。わざわざ罪を犯さなくても生きていけるからこそ、犯罪に手を染める人間が減らせ、結果的に治安が維持できるという考え方だ。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング