サジェスト機能裁判でGoogle逆転勝訴、ネット上の「名誉毀損」は放置状態か!?

東京ブレイキングニュース / 2014年2月5日 16時35分

写真

 Googleのサジェスト機能による表示を巡り男性が米Google社を訴えていた裁判で、一審の判決を取り消し、原告側の請求を棄却する判決が言い渡された。

 サジェスト機能とは、何かキーワードを入力した際に、検索窓の下にアルゴリズムに基いて関連する(であろう) と判断されたキーワードが自動表示される機能。いわゆる検索予測のこと。

例:荒井禎雄で検索した場合の予測キーワード

【2ch】【探偵ファイル】【安田浩一】【facebook】【結婚】

 私の場合は世間に名前が知られている訳でもないので、2chに何か書かれていないか、以前の職場について、対談した事のある人物名、Facebookをやっていないか、結婚はしているのか、といった 「目的の解りやすい予測」しか表示されず、特に害はない。なんで私ごときの結婚に関する情報が知りたいのか不明だが、きっと日本のどこかにボクとキャッキャウフフな関係になりたいレディーがおられるのだろう。今なら間に合いますので、顔写真と全身写真を同封の上ご連絡ください。

 ところが、これが久田編集長のように地上波のテレビ番組に出演するなど名前が広く知られている人物になると、予測キーワードが途端にきな臭くなる。

例:久田将義で検索した場合の予測キーワード

【唯我】【関東連合】【2ch】【刺青】【Twitter】【ツイッター 乗っ取り】【東浩紀】【宅八郎】

 2chで評判を探ろう的な思惑のキーワードの他に、過去にイザコザのあった人物名や、巻き込まれたトラブルの類が出て来てしまう。さらには 【刺青】という単語が候補に挙がっているが、どうしてそんな単語を突っ込んだのか予想してみると、日本には「久田は極道出身ではないか?」といった疑問を持つ人間が一定数以上いるという事だと思われる。ただ、無名ライターと久田将義を比較したら「そりゃ名前が売れている分だけ妙なキーワードが出て来るよね」という話でしかなく、この程度ならば大した害はないと看做せるだろう。

 ところが、問題なのは何らかのアクシデントやトラブルの渦中にある人物名や会社名などで検索した場合である。サジェスト機能で表示される単語は、原則として「一緒に入力される頻度」で選ばれるので、人物名の後にドギツイ単語が出たらそれだけ疑われているという証明になってしまう。

 例えば、仕事の席で知り合ったばかりの人間の名前を検索したら、予測キーワードに【レイプ・殺人・前科・詐欺・集団訴訟・シャブ中......】なんて単語が並んでいたらどうだろう? その場では雰囲気良く仕事の話が進んだとしても、おそらくぶち壊しになってしまうだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング