小泉今日子が豊原功補と別居報道 実は“捨てられる女”だったキョンキョンが過去に一人だけ捨てた男とは

TABLO / 2019年5月22日 11時36分

“自立してカッコイイ女”として芸能界に存在感を示していた小泉今日子さん(53)が、現在、残念なことになっているのを5月21日発売の『女性自身』が報じ、話題になっています。

関連記事:完全に裏方へ回った元女優・小泉今日子 キョンキョンが惚れ込んだ俳優・豊原功補の魅力とは | TABLO

小泉さんといえば昨年2月、俳優の豊原功補さん(53)と恋愛していることを公表。豊原さんには妻子がいるため不倫関係になるとして、豊原さんが記者会見を開く展開になったのは記憶に新しいでしょう。小泉さんは現在、芸能活動をお休みして制作会社を立ち上げ、豊原さんが演出する舞台をプロデュースするなど裏方に徹している状況です。

『女性自身』の記事では、それほど小泉さんが豊原さんに尽くしているのにもかかわらず、豊原さんが小泉さんの束縛に嫌気がさし、愛の巣である小泉さんのマンションを出て行ってしまったことが報じられたのです。小泉さんは一体、どうなってしまうのでしょうか?

https://asatte.tokyo/
※小泉さんが立ち上げた制作会社である「株式会社明後日」のHP

記事によると、2人は現在、5月25日から始まる東京・紀伊國屋ホールでの舞台『後家安とその妹』の稽古の真っ最中。小泉さんは豊原さんが稽古をしている間、荷物を搬入するなど裏方仕事を一生懸命こなしていたそう。その後2人は稽古を終え、小泉さんの運転で焼き肉店で食事。そして小泉さんは、店の支払いをすました後、豊原さんを彼のマンションまで送り届け、そこから徒歩10分ほどの距離の自宅マンションに帰っていったのだとか。

また記事では、2人の知人が同棲を解消したことを暴露。豊原さんは「仕事部屋」と称してマンションを借りそこで寝泊まりしているそうで、同棲解消の理由は小泉さんが豊原さんの仕事やプライベートに関して何かとおせっかいを焼き、それに対し豊原さんが束縛のきつさに耐えられなくなったからとも記されていました。

関連記事:能年玲奈、元所属事務所に謝罪 頼りにしていた小泉今日子が”微妙な状況”で白旗を覚悟か? | TABLO

このニュースについて、ネットでは「キョンキョンも結局、昭和の女なのねぇ」「あの魔性のキョンキョンでさえ自分をコントロールできないと男に逃げられるんだなあ」「小泉今日子、女として、人として、残念すぎる」「自立したいい女風に見えてたけど、追いすがって束縛しまくるタイプなんだな」と、小泉さんにガッカリしたという声が上がっています。

しかし、この報道に関して「想定内です」と語るのは芸能事務所関係者です。

「小泉さんは好きになったら一途な女。前の夫の永瀬正敏さんの時も、永瀬さんがドラマ『濱マイク』で共演した中島美嘉さんと浮気して捨てられたのに、離婚後も連絡を取るなどして彼のことを気にかけていました。気前が良く姉御肌なので、飯島直子さんや蒼井優さん、米倉涼子さんたちも小泉さんを慕っていますし、人柄がいいんですよね。さらにいえば小泉さんは、永瀬さんや豊原さん、ような“演技派の不良タイプ”に弱いので、結局“惚れた方が負け”なんですよ。そういえば、元彼の藤井フミヤさんや藤井尚之さんも不良タイプですね(笑)。男の趣味がブレないな〜」(同上)

“一生懸命尽くしたあげくに逃げられる”という不憫な恋愛を繰り返している様子の小泉さんですが、そんな小泉さんが唯一自分から振った男がいるといいます。そう、2006年5月に雑誌『FRIDAY』で熱愛スクープされたKAT-TUNの亀梨和也さんです。

当時の報道によると、2人は半同棲状態で亀梨さんの両親に挨拶を済ますなどしており、結婚も秒読みかと言われていましたが、結婚に消極的だった小泉さんのほうから亀梨さんに別れを告げたとされていました。

「あの報道時、小泉さんは40歳、亀梨さんは20歳でしたからね。世間では年下を夢中にさせる小泉さんもかっこ良ければ、年上を選ぶ亀梨さんも見どころがある、と両者の株が世間で上がっていたものです。破局直後、亀梨さんが小泉さんに未練タラタラで『彼女のすべてが忘れられない』と親しい友人の前で酔っ払って涙していたそうですから。そう思うと、亀梨さんと結婚していれば今頃、小泉さんも幸せだったのかも…」(テレビ局勤務)

逃した魚は大きかった…のでしょうか!?(文◎小池ロンポワン)

あわせて読む:みんな小泉今日子を分かってない | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング