芸人ヒロシ『一発屋』扱いに「テレビは安易で嘘が多すぎる」と激怒 真実を正しく放送できない哀れなテレビマン

TABLO / 2019年5月23日 12時30分

ヒロシさんは既に別の自分になっていることを発信しているのだ(画像は『働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける』より)

お笑い芸人のヒロシさんが「一発屋が大儲け」というテレビ番組の紹介に激怒。『レベルが低すぎるわ。』と怒りのツイートが話題になっています。

参考記事:大阪地震 関西マスコミはただのハイエナと化した 報道? いいえ、あなたたちはただの「糞テレビ屋」です | TABLO

「ヒロシです…」のネタで芸人としてブレークしたヒロシさん。たびたび「一発屋」の1人にあげられていますが、現在は著書の出版やYouTube「ヒロシちゃんねる」で再ブレーク。ヒロシちゃんねるではソロキャンプ動画を配信しており、登録者数約40万人と大人気コンテンツとなっています。

おそらくテレビの人たちは、この「40万人」という数のすごさにピンときていないのではないでしょうか。昨日今日で得られる数字ではないのです。

ヒロシさんは22日に『某番組からオファーを受けた』とTwitterでその内容を激白。

「今の成功を純粋に密着したい」「一発屋の内容ではない」というオファー内容だったそうですが、実際にその番組の予告を観たら『あの一発屋が大儲け』という見出しだったそう。それに対しヒロシさんは、

『ガッカリだわ。全てではないが、テレビは安易で嘘が多すぎる。レベルが低すぎるわ。』

と激怒。

『俺は一発屋だと言われるのが嫌で、頑張って今のクソ忙しい状況を作った。』と語るヒロシさんですが、その努力に「純粋に密着したい。一発屋の内容ではない」とのオファーで『あの一発屋が大儲け』といった宣伝ではその落胆は大きい事でしょう。

このツイートに対しファンからは、

「一発屋じゃないって取材してそれかよ…最低ですね。」
「ファンは ちゃんと わかってますよ」
「私は一発屋とは思ってないです。ずっとずっと頑張ってきた姿知ってますよ。」
「こういう心無い人に負けずに頑張ってください 応援してます」

といったコメントが寄せられていて、ヒロシさんの好感度の高さが伺えました。

しかし、一度ついてしまった「一発屋」というイメージはなかなか払拭できるものではないということがよく分かった今回の騒動。この悪趣味な差別について、テレビマンは自問自答する時ではないでしょうか。(文◎絹田たぬき)

あわせて読む:権力にヨイショするテレビ番組『警察24時シリーズ』 単なる労働者を「闇の組織」に仕立てるテレビ屋に天誅を | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング