「美しすぎるアラフィフ」 BUCK‐TICK櫻井敦司が再ブレイクか 急激に増える若い年代のファン

TABLO / 2019年6月4日 9時51分

椎名林檎と櫻井敦司(BUCK-TICK)によるコラボレーションが、ネット上で「女王と魔王」等と話題になっています。5月31日にテレビ朝日系で放送された『ミュージックステーション』に出演した椎名と櫻井はツインボーカルで楽曲「駆け落ち者」を披露しました。

「Mステに出演したBUCK-TICK櫻井敦司の美貌っぷりがすごい」と話題になり、さらには、共演したジャニーズタレント達をも食ってしまったようです。「BUCK-TICK櫻井敦司53歳が現在のジャニーズアイドルを公開処刑wwwwww」といったSNSの書き込みも。

1987年にメジャーデビューしてからメンバーチェンジ、解散等なく継続してきたレアバンドで、黒夢、LUNA SEA等多くのビジュアル系に影響を与えてきました。

関連記事:櫻井氏が憧れた人 ジュリーが音信不通? 沢田研二コンサート・ドタキャン騒動 「重大な契約の問題」とは何なのか | TABLO

「『群馬県でもあんなに美しい人はいない』と布袋寅泰がコメントしたり、高校の頃に、ドラマーだった櫻井敦司に、『そんなにルックス良いんだから、ボーカルやりなよ』と氷室京介が薦めたりしたという伝説がありますね」(音楽ライター)

今回の騒動は、アラフィフにして、第二のブレイクと着目されています。

「ジャニーズや椎名林檎ファンの若い女性が、テレビで初めて、櫻井敦司を知って魅了され、昔の写真や動画が多く検索されています。若いファンが激増しているようです」(音楽事務所プロデューサー)

テレビに久しぶりに出演することで、絶大効果のあったプロモーション事例として今後の音楽番組に意外な出演者があれば嬉しいですね。(文◎冴島奈穂美)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング