今格闘YouTuberが面白い アウトサイダー出身の喧嘩屋で総合格闘技“ストリートの申し子”浅倉未来選手

TABLO / 2019年6月14日 11時0分

朝倉未来チャンネルより

盛り上がりを見せるYouTubeですが、芸能人が参加し、また枠を超えて色々なジャンルの人間が参加してきました。スポーツ、格闘技の選手たちのYouTubeも盛んです。ファンは必見でしょう。

中でも個人的に興味があるのが「ジ・アウトサイダー」(以下「アウトサイダー」)出身で、現在の日本の総合格闘技をけん引している日本人選手たちの一人、朝倉未来選手のYouTubeです。

【チャンネルはこちら】
https://www.youtube.com/channel/UCJZVj2iBrdvbNc416i0V-UA

「アウトサイダー」と言えば、カリスマプロレスラーとして名を馳せた前田日明さんが「不良の更生」の為に立ち上げた「地下格闘技」の興行です。

僕は当時「月刊実話ナックルズ」の編集長をしており、立ち上げ前の前田さんのインタビューを掲載した覚えがあります。それ以来、大会が開かれる度に記事を載せました。取材した不良少年が「アウトサイダー」に出場するというケースもあり、応援もしていました。

朝倉未来選手は弟の朝倉海選手とその「アウトサイダー」に参戦。その後二階級制覇。中量級で敵なしになり、韓国の「ROAD FC」に進出後、日本国内最大の興行「RIZIN」で三戦三勝。

出身地、愛知・豊橋で喧嘩に明け暮れた過去から喧嘩屋としてのイメージが強いのですが、格闘センスが抜群。というか、喧嘩をベースにした「格闘マシーン」というイメージです。特に左ミドル、左ハイ、カウンター右フックが印象的です。

まだ26歳。久々にわくわくさせてくれる選手が現れたと思いました。リング上でのあの冷静さ、度胸はどこから来るものなのか。

参考記事:RIZIN 浅倉カンナvsRENA戦で勝利者インタビューがCMでブッた斬られた件

僕は恐らく100人以上の不良少年を取材したり会ってきたと思います。仲良くなって酒を飲んだこともありました。皆それぞれ修羅場をくぐってきており、僕ら一般人とは違った、

「生活に基づいた強さ」

があると感じています。朝倉選手の強さもそこにあるのではと見ています。勿論、プロになってからは格闘技の練習や覚悟が必要になったでしょう。

と、いうバックボーンを鑑みて、朝倉選手のYouTubeを見てみると、独特の雰囲気を持っています。

特に「地元豊橋で喧嘩自慢をスパーリングに誘ってみた」シリーズが面白いです。登録者は既に約10万人(動画数は8本)。他の格闘家ユーチューバー(シバターさん除く)とは頭一つ抜けています。最も面白いと言われている桜井速人さんでさえ登録者数が1万人です。もう政治家になってしまいましたが。

参考記事:姉・山本美憂氏にかけた言葉にファンも涙 さらば「神の子」山本”KID”徳郁 永遠なれ!

朝倉選手のチャンネル「街の喧嘩自慢をスパーリングに誘ってみた」シリーズは三回に分かれていますが三回合わせて約400万回再生。

街にたむろしている、タトゥーが入った若者の集団に朝倉選手がズカズカ近づいていき、

「すみませーん。この中で一番喧嘩強い人誰?」

といきなり話しかけちゃっています。

不良少年の中には「なめんなよ」という人もいましたが、プロ格闘家の朝倉選手にはかないません(当たり前です)。結局四回ほどスパーをやって喧嘩自慢の皆はバテてしまいました。というか、喧嘩自慢の少年たちがほとんど格闘技をやっていてたマチュア格闘家ではありましたが。

RIZINは良い選手と契約したものです。弟の朝倉海選手もあびる優の旦那さん才賀紀左衛門選手にKO勝ちするなど兄弟ともに試合内容が面白いです。

話がそれますが「アウトサイダー」で、キックの経験者とは言え、また結果は二敗とは言え、放送作家の大井洋一さん。よく朝倉海選手とやったなあ、と大井さんにも拍手です。僕も、大井さんのデビュー戦には「BSスカパーBAZOOKA!!!」出演者の一人として、スタッフの方々と応援に行きました。

RIZINには言わずと知れた「キック界の神童」那須川天心選手に「総合の至宝」堀口恭司選手がいます。が、メイウェザーと天心選手をやらせたり、先日のテレビ放映では生放送でメインの天心選手がKOしたシーンをCMを入れてしまったという大失態をしました。

しかし7月28日に埼玉スーパーアリーナでRIZINの中心選手であり、山本KIDさん主宰のジム「KRAZY BEE」の矢地祐介選手と朝倉未来選手とのマッチメイクを組んだことは素晴らしいです。

http://jp.rizinff.com/_ct/17271516

これは久々にヒリヒリした試合になる事、必至だと思います。
個人的には朝倉未来、朝倉海選手には将来UFCのオクタゴンで戦って欲しいと願っています。ぜひYouTubeも更新してください。楽しみにしております。(文◎久田将義)

あわせて読む:フジテレビ、生中継でやらかす 那須川天心戦で相手のダウンシーンにCM入れる大ポカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング