麻布十番で違法クラブ摘発、ヌードスタジオやAV撮影会でも逮捕者相次ぐ

東京ブレイキングニュース / 2014年3月2日 10時0分

写真

 かの界隈では定期的に起きるお約束ではあるが、2月24日に麻布十番のクラブが風営法違反で摘発された。警視庁の発表によると、よりによって無許可営業をしていたらしい。

「麻布十番でクラブ無許可営業=容疑で店長ら3人逮捕」

 東京・麻布十番で無許可でクラブを営業したとして、警視庁生活安全特別捜査隊などは24日までに、風営法違反容疑で、クラブ「VILLAGE」店長、長沼勉容疑者(34)=東京都港区芝浦=ら3人を現行犯逮捕した。また、同容疑で従業員の男(29)=世田谷区=を書類送検した。

 逮捕容疑は都公安委員会の許可を受けないで23日午前2時30~45分ごろ、港区麻布十番のビル地下1階で、DJブースや踊り場などを設置し、客にダンスや飲食をさせた疑い。長沼容疑者は容疑を否認し、「ダンスをさせていた認識はない」などと話しているという。

 同隊によると、摘発時には約400人の客が店におり、約100人が踊っていた。店をめぐる110番通報は昨年1月以降約35件に上り、店内での窃盗や傷害事件などで8件の被害届が出ていたほか、騒音への苦情などが相次いでいたという。

(時事通信WEBニュースより)

 この文面から想像するに「あ~、飲食の許可だけでバレなきゃいいやでヤラかしちゃったんだろうなあ......」という感想が浮かぶ。

 ただ、クラブに対する締め付けの強化や、あまりに強引すぎる摘発劇には、学者や専門家から批判の声が挙がっており、一概に「クラブなんてワルガキしか使わないんだからガンガン潰しちまえ!」とも言えない。

 現行の風営法とは、前時代的どころか前々時代的な代物を、今の時代に合わせた体で手直しして使っているような有り様で、「一歩歩けば風営法に当たる」といった酷い状況になってしまっている。今回摘発されたクラブはタチの悪い雰囲気がヒシヒシと伝わってくるので "自業自得" の声も多かろうが、実際は風営法自体が時代の変化に合っておらず、あちこちで破綻しつつあるという点は覚えておくべきだろう。

 また先月の話になるが、名古屋でヌード撮影用のスタジオを経営していた男が風営法違反の容疑で逮捕されるという一件もあった。

「ヌードスタジオ経営の男、風営法違反で逮捕(愛知県)」

 名古屋市中村区で、女性の裸を撮影する「ヌードスタジオ」を経営していた男が、風営法違反の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、名古屋市昭和区の風俗店経営の登坂幸治容疑者(43)。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング