入院搬送のジャニー喜多川氏が亡くなったという情報が錯綜中

TABLO / 2019年6月20日 12時29分

ジャ二―喜多川さんが亡くなったとの情報が出ています。

令和になる前に、タッキーこと滝沢秀明氏がタレントを辞めて子会社の社長に就任したのは、ジャニーズ事務所の改元だったのでしょうか。健康状態を危惧して、退位された平成天皇とジャニー喜多川氏は重なります。

18日昼過ぎの119番通報でジャニー喜多川氏が搬送され、そのまま入院しました。

関連記事:そうだったのか! 少年隊の植草克秀が最近まであまりテレビに出なかったゲス過ぎる理由 | TABLO

「続報や病状の情報が解禁されないので亡くなったという説が浮上しています」(週刊誌記者)

芸能界、テレビ界を牛耳っているジャニーズ王国の王にもしものことがあったら、報道、バラエティ、ドラマ 幅広く活躍するジャニーズのタレント達は喪に服すことになります。

「読売新聞代表取締役のナベツネ、渡邉恒雄氏、創価学会の池田大作名誉会長ら、偉大なカリスマが、入院したり、情報が開示されなかったりすると亡くなったと噂が立ってきました。発表があるまでは、色々な憶測が流れてしまうのは、有名税のようなものです」(芸能ジャーナリスト)

引き続き取材するとともにご快復をお祈りします。(文◎編集部)

あわせて読む:千葉方面の方、ご注意ください! ニセ山Pパパ出没で騙されている人が続出 同じ髪型のおっさんが目印 | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング