清原に薬物疑惑報道、番長キャラの功罪か!? プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.34

東京ブレイキングニュース / 2014年3月11日 10時0分

写真

 

 あの清原和博が「緊急入院 薬物でボロボロ」と6日発売の週刊文春が報じた。

「病院入口で本紙記者が直撃すると呂律が回らず......」という。

 果たして清原は薬物を使用していたのか? 続報が気になるが、今回の報道で「確認」できた点は他にある。世間がイメージする期待以上の「清原像」の報告があった。清原は文春の記者に襲いかかったのだ。

《奪ったICレコーダーを両手で持ち、歯を食いしばりながらへし折ると、ニヤリと笑みを浮かべ、今度はカメラマンに襲いかかった》

 見事な「番長」ぶり。

 オヤジジャーナルは清原の番長キャラが大好き。先日、清原が巨人キャンプに突如姿を現したときも大興奮。

「丸刈り頭にちょびヒゲ。備長炭のように黒く焼いた顔」(日刊ゲンダイ)

「オーラが違う!清原氏がド派手スーツで巨人キャンプ視察」(東スポ)

 番長キャラは本人も気に入っていたはず。いや、それどころか、清原は番長キャラによって救われたのではないか?

 PL学園時代、桑田真澄とのKKコンビで日本中の注目を浴びていた清原。将来は「ポスト王貞治」の声もかかっていた。成績だけでなく人格も兼ね備えたスーパーヒーロー、超善玉の期待。

 おまけにドラフトでは早大進学を表明していた桑田がまさかの巨人入り。桑田はその後「投げる不動産屋」の異名を取りヒール化。清原にはますますわかりやすいヒーロー像が求められた。

 期待通り、四番を打つ西武ライオンズは圧倒的な強さで優勝を繰り返す。主砲の責務、ここ一番での勝負強さ、スター性を、清原はじゅうぶんに発揮した。

 しかしひとつだけ足りないモノがあった。打者三冠タイトル(首位打者、本塁打王、打点王)である。

ルーキーイヤーからの活躍を見て、清原はあっさり個人タイトルを手中にすると誰もが思っていたがなかなか獲得できない。

 ストレスがあったと思う。おまけに私生活のやんちゃぶりがちょいちょい週刊誌に顔を出す。自分は王さんのように成績も人格も兼ね備えた英雄ではない。清原にはそんなジレンマが複合的に襲いかかっていたはずだ。

 巨人移籍後、そんな清原に救いの神が現れた。巨人ファンか? 長嶋監督か? チームメイトか?

 フライデーである。

 写真週刊誌の『フライデー』で「おぅワイや! 清原和博番長日記」が始まったのだ。清原の写真を元に「おぅワイや!」で始まり、勝手に文章を作り上げたコラム。完全に清原を茶化していた。

 しかし架空の「清原=番長」キャラがあまりにもおもしろかった。清原のイメージにハマったのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング