小保方晴子さんに偽ノーベル疑惑、謝罪会見で「リケオヤジ」に逆ギレあるか?

東京ブレイキングニュース / 2014年3月12日 12時30分

写真

数々の「捏造疑惑」が噴出した小保方晴子さん。謝罪会見はあるのか?

 

 世界が注目したSTAP細胞論文に「捏造疑惑」が持ち上がった。「リケジョ」ともてはやされた小保方晴子さん(30)の論文に関して、相次ぐ画像流用や文言流用が発覚し、共同研究者である若山照彦氏(山梨大教授)や理化学研究所からも「論文取り下げ」が語られるなど窮地に立たされている。

 一例を上げるだけでも小保方靖子氏がまとめた博士論文の序章33枚がほぼコピー&ペーストで作成されていたという疑惑や、STAP細胞論文の根拠となる画像が盗用であったという疑惑、論文に使用された画像の一部には「加工」の痕跡が発見された等々、これでもかというほどに杜撰さが指摘されている。一時は「ノーベル賞確実」とも言われていただけに、誰もが落胆する事態である。

 こんな"偽ノーベル疑惑"に対して、「博士号が取り消されるのでは」「理研が文部科学省から受け取ることが内定していた補助金が破棄されるのでは」「人物重視で選考するAO入試が廃止になるのでは」といった憶測だけでなく、休暇中で連絡がつかない状況となっている小保方さんが自殺しているのではといった無責任な噂までが広がっている。その余波で、小保方さんが主導する研究室のホームページにも「画像流用」が発覚したというが、こちらはフリー素材の「流用」であるため問題はないことを付け加えておく。

 理化学研究所や日本研究者の信頼を損ねる事態にもなり兼ねない今回のSTAP細胞論文「捏造」疑惑。14日にも予定されているという記者会見には本人は出席しないことが発表されたが、そのまま雲隠れが許される状況でないのは明らかだ。本人出席の謝罪会見となれば、先日の"偽ベートーベン"佐村河内守氏以上の注目を集めるのは必至だ。騒動の張本人だけに、そのXディはそう遠くはないだろう。

 突然起こった小保方バッシングの背景には、既得権益を守ろうとする理系学者の「出身学部差別」や「研究費争い」などのきな臭い事情も見え隠れする。どうか来たる日の謝罪(釈明)会見で、小保方さんが「リケオヤジ」に対して逆ギレしないことを願いたいものだ。

Written by ニポポ

Photo by 理化学研究所公式サイトより

【注目記事】

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング