柏連続通り魔・竹井容疑者の叫び「ヤフーチャット万歳!」を読み解く by渋井哲也

東京ブレイキングニュース / 2014年3月13日 18時0分

写真

 千葉県柏市の通り魔事件で逮捕された竹井聖寿容疑者(24)は、任意同行の際に「ヤフーチャット万歳!」と叫んでいた。Yahoo!チャットユーザーとして多くの知り合いがいたと言われている。また、ニコ生では生主(ユーザー生放送の配信者)だったことも報じられた。ネット上では「除悪」を名乗り、この二つのコミュニティに属していた竹井容疑者はどんなユーザーだったのかを読み解いてみたい。

 Yahoo!チャットは、Yahoo!Japanが運営している公式のチャットサービスだ。以前はブラウザからのアクセスも可能だったが、2007年4月、Yahoo!メッセンジャーからのアクセスのみでできるチャットサービスになる。そのため、以前から比べれば、知名度も落ちて行く。このYahoo!チャットには、公式の「Yahoo!ルーム」と、ユーザーがチャットルームを作成できる「ユーザールーム」がある。また、「エンターテイメント」や「コンピュータとインターネット」「スポーツ、レジャー」「学校と教育」「政治」「出会い」などのカテゴリがある。ユーザーの間ではチャットルームは「部屋」と呼ばれていた。

 筆者もヘビーユーザーだったことがある。2002年ごろ、草野球で右腕を骨折した。治るかどうか不安があり、医療関係者が多いと思われた「健康と医療」というカテゴリに入り浸っていた。また、複数のアカウントを得られることから、「健康と医療」の部屋以外の、例えば「エンタメ」の部屋にも同時に入っていた。複数の部屋にいる場合は「多窓」(多くのチャットウィンドウが開いている状態)と言われていた。

 チャットの特性はリアルタイムだ。同じ時間帯で繋がっている人が会話を楽しむことができる。時間帯が違ってもコミュニケーションできる掲示板とは違う。そのため、自分が「部屋」にいない間の会話が気になることもある。仕事をしていたり、リアルな友だちと会っているときでも、チャットの会話が気になる。飲み会で自分が帰ったあとにどんな会話がなされているのか気になることもあるが、チャットでもそれが起きる。

 竹井容疑者は、Yahoo!チャットに居場所を求めていたようだ。リアルタイム性を求めて、しかも居場所を求めるということは、ずっと誰かとつながっていたい、という心理があったと思われる。そこには不安や寂しさ、孤独感をイメージさせる。チャットに居場所を求めて依存傾向が強まる話を、2003年ごろ、拙著『チャット依存症候群』に書いた。竹井容疑者もそうしたユーザーの一人だったのだろう。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング