福島原発事故で悪質な隠蔽工作、被ばく線量が想定より高くて公表せず

東京ブレイキングニュース / 2014年3月26日 11時48分

写真

 民主党も自民党も関係なく、日本という国の"オカミ"の陰湿さが浮き彫りになるニュースが報じられている。避難指示の解除予定地域で実施された線量測定の結果が「思ったよりも数値が高かったから」という冗談では済まされない理由によって、予定されていた結果の公表が取りやめになっていたというのだ。

「福島原発事故:被ばく線量を公表せず 想定外の高い数値で」

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示の解除予定地域で昨年実施された個人線量計による被ばく線量調査について、内閣府原子力被災者生活支援チームが当初予定していた結果の公表を見送っていたことが24日、分かった。関係者によると、当初の想定より高い数値が出たため、住民の帰還を妨げかねないとの意見が強まったという。調査結果は、住民が通常屋外にいる時間を短く見積もることなどで線量を低く推計し直され、近く福島県の関係自治体に示す見込み。調査結果を隠したうえ、操作した疑いがあり、住民帰還を強引に促す手法が批判を集めそうだ(中略)

 しかし、特に大半が1ミリシーベルト台になると想定していた川内村の推計値が2.6〜6.6ミリシーベルトと高かったため、関係者間で「インパクトが大きい」「自治体への十分な説明が必要」などの意見が交わされ、検討チームでの公表を見送ったという(中略)

 田村市都路地区や川内村東部は避難指示解除準備区域で、政府は4月1日に田村市都路地区の避難指示を解除する。また川内村東部も来年度中の解除が見込まれている。
【日野行介】

(毎日新聞WEBより引用http://mainichi.jp/select/news/20140325k0000m040151000c.html)

 詳細はソース元で確認していただきたいが、早い話がこういうことである。

・自治体が住民に配布した線量計の数値が思いのほか低かった

→低かった地域の線量を国が測り直して安全アピールに使うことに

→測り直してみたら想定よりも2倍~6倍以上高かった!

→公開する予定だった数値を隠蔽

→測定時間を減らすなどして数字弄り

→最初の測定よりも数値を減らして報告書を作成

→ただちに影響はないので予定通り避難指示を解除します

 安全アピールに使えるデータが取れそうだからと意気揚々と線量測定したものの、とてもじゃないが安全と言い張れるような数値が出ず、測定時間を減らして(当然数値は減る)想定の範囲内に収まる数値を無理やり出して、それを根拠に安全宣言をして避難指示解除と。これが現在の日本国政府のやり方である。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング