ボクシング最速王座の井上尚弥は歴史を作れるか?【K-1格闘家コラム】

東京ブレイキングニュース / 2014年4月9日 14時7分

写真

Photo by 真っすぐに生きる。/井上尚弥

 4月6日に井上尚弥・八重樫東ボクシング世界戦Wタイトルマッチが行われた。はじめに登場したのは3度目の防衛戦となる八重樫選手。王者らしい試合を見せて、絵に描いたような右のクロスカウンターで8RKO勝ちとなりました。

 試合後には同じ日に試合を終えた「強すぎて対戦相手がいない」と言われるローマン・ゴンサレス選手がリングイン。ゴンサレス選手は38戦38勝。負けはおろか引き分けすら無いパーフェクトレコードを誇る強豪です。

 さらに軽量級としては異例の33KOを記録しています。勝率は100%、KO率も86%です。八重樫選手も「今のままでは勝つのは困難」というとおりの正真正銘の怪物です。

 ゴンサレス選手はマイクを持ち、八重樫選手を祝福するとともに挑戦を表明しました。八重樫選手も「やってもいいですか?」とマイクアピール。他の世界チャンピオンが対戦を逃げるほどの実力を持つゴンサレス選手との対戦を受諾した八重樫選手は、男ですねぇ。これは楽しみです。

 続いて日本最短記録となる6戦目で世界タイトル獲得が期待される井上尚弥選手が登場しました(これまでの最短記録は井岡一翔選手の7戦目)。Wham!の『フリーダム』が流れる場内を、いつものように父でありトレーナーの真吾さんを従えて笑顔で入場する井上選手。堅さはなさそうです。

 対するチャンピオンのアドリアン・エルナンデス選手は減量苦で頭を丸刈りにしたとの噂も流れていますが果たして......。序盤身体を揺さぶりながらプレッシャーをかけていく王者のエルナンデス選手。対する井上選手はステップを踏んで素早いジャブを突き刺していきます。スピードなら井上選手、パワーならエルナンデス選手の展開が続くかと思われたところで、チャンピオンのボディへ井上選手の右ストレートがハードヒット! これで一気にチャンピオンのプレッシャーが弱まります。

 その後も井上選手は、左フックのカウンター、右ストレート、左ボディなどを要所で決めて、やりたい放題と言った感じになりました。自分の攻撃はまったく当たらないのに相手からのパンチはヒットする。それならとデフェンスに回れば、今度は一方的に打ちまくられる。チャンピオンからしたら、たまったもんじゃないですね。

 3Rにはチャンピオンが左目をカットしました。このままでは傷が深くなりドクターストップになると思ったのか、次のラウンドでは猛然とラッシュをかけてきました。しかし井上選手は接近戦でも強さを発揮して逆にチャンピオンを後退させます。ここまでの井上選手は、すべてにおいてチャンピオンを上回り、次元の違う強さを見せていました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング