オバマ来日で一斉捜査、関係者が語るコインロッカーの怖い忘れ物 by草下シンヤ

東京ブレイキングニュース / 2014年4月17日 17時36分

写真

アメリカのオバマ大統領が4月23日の夜に日本に到着し、3日間滞在する。TPP交渉、集団的自衛権、日米同盟の行方など気になることは多いが、それらの考察は専門家に譲るとして当コラムは例のごとく重箱の隅をつつくような話題を提供していきたい。今回着目したいのは駅のコインロッカーである。先日、次のような報道があった。

"オバマ大統領来日で駅のコインロッカー使用不可 「オバマは電車で来ない!」とネットで不満タラタラ"

アメリカのオバマ大統領が2014年4月23日から国賓待遇で来日するが、ネットの一部では安倍首相とのTPP交渉の最終調整や日米同盟強化に向けた会談よりも、コインロッカーの方が気になるようだ。東京都内の主要駅のコインロッカーが4月18日頃から使用できなくなるためで、この期間中に上京した場合や、コンサートやイベントに出かける際にコインロッカーを使えないのは非常に困る、というのだ。また、「オバマは電車で来るのか?」などと、オバマ大統領の警護と駅のコインロッカーは無関係だと主張する人もいる。
(2014/4/15 18:30 J-CASTニュース)

 言うまでもなく、テロ対策用の措置である。コインロッカーに爆発物を仕掛けるというよりは、爆発物の材料や銃器などの保管場所、受け渡し場所として用いられることは充分想像できる。

 日本政府としては相当な辛労の末に決めたオバマ大統領の2泊3日での滞在である。尖閣問題やウクライナ問題などで国際的な緊張が高まる中、万が一のことがあってはならないし、これだけ真剣に取り組んでいるという姿勢を見せる意味合いもあるのだろう。

 しかし、この駅のコインロッカーというものは不思議な空間である。膨大な人間が行き交う駅の中の小さな空間を数百円という金額で借りる。誰もが利用できる以上、想像もつかないものが入れられていることもあり、1970年代前半にはコインロッカーに新生児やその遺体が遺棄されるという事件が数十件も発生している。公の場所にありながら、扉を開けると生々しい人間の一面が潜んでいるという奇妙な空間なのだ。

 それでは駅のコインロッカーにはどんな「変わったモノ」が入れられているのだろうか? そんな疑問を抱いたので早速専門家に聞いてみた。

 答えてくれたのは、大手私鉄現役鉄道マンのO氏である。彼は20年近いキャリアを持つベテランで、日々駅で繰り広げられるトラブルの解決に骨身を削っている。コインロッカーに変わったモノが入っていることはないのかと尋ねると、O氏は話の前提としてコインロッカーの中身の保管義務について説明してくれた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング