JC淫行で逮捕のAV男優を擁護するAV業界人の浅はかさ

東京ブレイキングニュース / 2014年5月7日 17時0分

写真

 先日アップした「生活保護の不正受給で逮捕された仲間を庇ってしまう反レイシズム団体関係者たち」に対する批判記事がお陰様で炎上中である。

(http://n-knuckles.com/serialization/series/news001445.html)

 だが、このような「庇えばいいってもんじゃない」という理屈が解らないのは運動屋だけに限った話ではなく、ムラ社会的な閉じた業界では共通の話なのかもしれない。というのも、つい最近起こった「AV男優が女子中学生と淫行して逮捕」という事件でも、殆ど同じような展開に陥ったからだ。

『中3生に淫行疑い AV男優を逮捕』

 宇都宮東署は7日、埼玉県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで、東京都新宿区河田町、俳優の男(34)を逮捕した。逮捕容疑は2月23日、さいたま市のホテルで、18歳未満と知りながら当時中学3年の女子生徒にみだらな行為をした疑い。

msn産経ニュースより引用

(http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140407/crm14040714190012-n1.htm)

 この事件は、人気AV男優の沢井亮が、LINEで知り合った女子中学生と大宮のホテルでセックスしたものの、相手の親が娘が帰らない事を心配し捜索願いを出してしまい、そこから警察の知るところになり御用となった。

 たまたま沢井亮がBSのアダルト番組で「ゲイのフェラテクに耐えられるかどうか」というコーナーに出演して話題になったばかりだった事もあり、ネットでの拡散に拍車をかけたようだ。

 それはともかく、このニュースが報じられた際のアダルトビデオ関係者の反応が非常にまずかった。どれもこれも庇う声ばかりで、中には 「男は傷のひとつやふたつあった方が箔が付く」といったバカな意見をTwitterに書き込んだ人間もいたほどだ。

 業界の著名人・有力者らがそのような発言をしてしまっては、世間の人々は「やっぱAVの業界なんてクズの集まりなんだ」と感じるだろう。 現在は児ポ法だ表現規制だでキナ臭いエロ業界なのだから、世間様からの信頼や理解を失うというのは死活問題のはずである。それなのにAV業界人は狭いムラ社会での流儀を再優先してしまい、沢井容疑者を盲目的に庇ってしまった。

 もし多少なりともまともに頭が働く人間であれば、表面的には「沢井のヤツには猛省させます! 世間様を騒がせてしまい申し訳ございませんでした!」くらいの言葉が出て来るはずだ。ところが、事件当初はそのように目端の利く、そして業界の今後を真摯に考え、発すべき言葉を発せた人間は殆どいなかった。そんな数少ない例外のひとりが、過去に何度か東京BNの記事にも登場した「良くも悪くも伝説しかない男」こと松本和彦である。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング