Amazon血だらけの不在票… 配達人がドアを殴る蹴る音 家人が恐ろしくて出ることが出来なかった結果…

TABLO / 2019年8月20日 17時0分

画像はSNSより

Amazonの配達業者が置いていった血だらけの不在票が怖すぎると話題になっています。

その不在票を受け取ったという人物のTwitterによると、家の呼び鈴が鳴ったため玄関を開けに行こうとしたところ、玄関の方からドアを殴ったり蹴ったりしているような凄まじい音が聞こえてきたといいます。恐怖で玄関を開けることが出来なかったそうですが、呼び鈴の主はAmazonの商品を届けに来たTMGという配送業者だったようです。

そして、その配送業者が血だらけの不在票が置いていったと語っていました。

参考記事:ミステリー小説の犯人の名前をAmazonレビューに書く妨害行為が多発 なぜAmazonは作者の削除依頼を聞き入れないのか? | TABLO

Amazonといえば、以前は主にヤマト運輸での発送となっていましたが、業務が圧迫されたヤマト運輸に即日配達から撤退されてしまいます。その後、Amazonの配送業務を担う配送業者として様々な会社が名乗りを挙げました。その会社の一つがTMGという配送業者です。

この業者についてはTwitterなどでも悪い評価が多く、

「TMGほんとクソ。。。再配達頼してもこなかったり普通にするし。時間守らないし。守らないなら時間指定できるようにしないでほしい待ってた時間返せと」

「昔アマゾンで注文してTMGが配達してたけど、物が届かず苦情言ったら届けたの一点張り。話にならんのでアマゾンに苦情言ったら隣のマンションの号室に届けてたとの事」

「僕もサインなしでそのまま玄関の前に放置されたりしょっちゅうしてました笑」

「TMG酷すぎる…Amazonで今日届くはずが知らん人の違う商品が誤配できた。私のは行方不明。配達完了しましたとかw きてないし…Amazon使ってこんなん初めて! 私もバイトで運送の横いたけど誤配なんて大問題やしありえない」

「最初の頃は無表情で立ったまま無言で荷物渡されて、無言でサインする紙を差し出されて“えっ!?”ってなりました。指定時間外に配達に来るし謝らないし(今はたま〜に「いつも早くてすみません」と言う時もある)再配達でも時間外にきます」

「インターホンも押してないのに不在連絡票いれてあるし その時間間違えなく家にいたんだがなぁ」

といった体験談が寄せられていました。

 

こうした対応をするのは一部の人間でしょうが、悪い評価というのは表に出てきてしまいがちです。その一部の人間が業者全体の悪い評価をつくってしまうのは、非常に残念な事と思います。(文◎絹田たぬき)

あわせて読む:朗報です! Amazon兄貴とGoogle先生がついに和解しました!! 双方の機器でコンテンツ鑑賞OKに | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング