「死ね、クズ」万引き常習犯がスーパー店長に罵倒され、まさかの行動に

東京ブレイキングニュース / 2014年6月11日 20時42分

写真

 ここ数年、お金を持っていない万引き犯が少なくなっている。無論、転売目的や高額品狙いの事案は別であるが、盗んだ商品を買えるだけのお金を持っているのに、買うのが勿体ないとか生活費の節約を理由に万引きする自分本位な被疑者が多いのだ。しかし、真の生活苦から犯行に至る者も数多く存在しており、その生活環境を聞かされて同情してしまうケースもある。今回は、筆者が遭遇した常習万引き犯の悲劇を、ここに報告する。

 都内にある中規模スーパーの店長から、惣菜や食品ばかりを狙って犯行を繰り返す中年女性の常習犯を捕捉してほしいという依頼を受けた。早速、現場に赴いて防犯カメラの動画を確認してみると、常習犯の顔は不鮮明な状態にあるものの、特徴的なロゴが入ったバッグに商品を隠し込んでいる現場は確認できた。店長に聞けば、いつも同じバッグを持って来店するというので、それを目印に警戒することにする。

 集中警戒を始めて三日目。例のバッグを持った女が、ようやくに現れた。手に取った商品を、次々と何食わぬ顔でバッグに隠匿する女の手付きは手馴れていて、その機械的ともいえる動きに瞠目する。そして、特売品のキャベツだけを購入した女は、バッグの中に隠した商品の金を払うことなく店外に出た。逃げられぬよう、盗品が満載されたバッグの持ち手に手をかけて、そっと声をかける。

「ちょっと、何するんですか! 離してください」

 人通りの激しい店の出入り口で声を荒げた女は、俺の手を振り払うべく自分のバッグを引っ張って逃走する姿勢をみせた。しかし、力の差は歴然としており、一歩も進むことができない。否認するなら警察を呼ぶと伝えると、諦め顔で犯行を認めた女は、嫌々ながらも事務所への同行に応じた。

 この日の被害は、生鮮食品や菓子、日用品など十四点にのぼり、被害総額は五千円ほどであった。盗んだ商品を買い取れるだけの金は持っているようだが、これを払うと家の電気が止められてしまうらしく、なるべくなら払いたくないと主張している。さらには、警察だけには言わないでくれと、土下座して懇願する始末だ。前回捕まった時に、今度やったら逮捕すると、刑事に脅かされたらしい。勝手な言い分ばかり主張する女に、万引きを繰り返していた理由を聞いてみる。

「離婚してから、生活保護をもらいながら障害を持つ子供をひとりで育てているんですけど、子供を置いて仕事に行くわけにもいかないし、病院とかにお金がかかっちゃって......」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング