きゃりーぱみゅぱみゅ、KinKi Kidsらの付け牙を作った「牙師」が歯科業界のタブーを告発

東京ブレイキングニュース / 2014年6月10日 18時22分

写真

 TV番組・CM・PVなどで、きゃりーぱみゅぱみゅ、ナイティナイン岡村、KinKi Kidsらの牙を作った、"日本で唯一の牙師" を名乗るSUMIOという人物がいる。SUMIO氏の本業は歯科技工士であり、またエピテーゼの専門家でもある。 エピテーゼとは、病気や事故により、身体の一部を欠損してしまった方が使う装着具のこと。義手・義足・義指の他に、鼻や目や唇など様々だ。

 SUMIO氏はこのエピテーゼの技術を伝え広め、必要とする人の手元に届きやすくなるよう、保険適用を目指して啓蒙活動を行っているのだが、より声を届けやすいように牙というファッションに着目し "牙師" として活動するようになった。

 エピテーゼと保険について少々詳しく説明すると、現在の日本ではごく一部を除きエピテーゼは医療行為として認められておらず、単なる装着具と看做されているため保険がきかない。 例えば事故や癌などで顔面を半分無くし、外出も出来なくなってしまった方にとって、エピテーゼは生活する上で無くてはならない物なのだが、保険が使えないため、場合によっては何千万円というお金を自前で用意せねばならない。

 SUMIO氏のような職人技術を持つ人間ならば、顔の半分を欠損したような方にも、パっと見の違和感がなく、近所へ買い物に出るくらいの事が出来るエピテーゼを作る事が可能なのだが、材料費だけでとんでもなく高額になってしまう。こうした事情を世間に広めるためには、一職人という立場で声を挙げるにも限界があるため、SUMIO氏は取っ掛かりとして芸能人への牙提供や、一般客も同等の牙を作れる牙SHOPを始めたそうだ。

・FANG SHOP http://www.fangshop.jp/

 前置きが長くなったが、このSUMIO氏という人物は職人気質と人情味が強すぎて金儲けが極端に下手くそという、時代劇や落語に出て来る江戸の長屋の住人のような性格である。よって、人の弱みに付け込んで肥え太る輩が大嫌いなのだが、そんな人間ばかり跋扈する歯科業界ではしょっちゅう喧嘩になってしまう。

 現在は私が運営者を務めるニコニコの公式チャンネル(http://ch.nicovideo.jp/frame)で生放送をやっているのだが、その番組の中で毎回毎回とんでもない歯科業界の暴露話をぶちかましている。例えばこのような内容だ。

[保険適用で牙を作ってくれる歯医者さん]

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング