【ニッポン隠れ里奇譚】津山三十人殺し犯の亡骸が眠る岡山県倉見村

東京ブレイキングニュース / 2014年6月1日 17時0分

写真

 前回に続いて、「津山三十人殺し」ゆかりの隠れ里を一つ、紹介したい。"倉見(くらみ)"である。

 倉見は、昭和十三年五月二十一日に発生した津山三十人殺しの犯人、都井睦雄が生まれ育った村である。僕は前代未聞の大量殺人を引き起こした睦雄の犯行の動機の、そもそもの原点は、この倉見で醸成されたと考えている。

 僕は津山三十人殺しを調べるために、まずアメリカへ渡り、事件の詳細を記した失われたレポート「津山事件報告書」と出会った。その報告書を調査、分析する過程で、睦雄と祖母いねの間に血縁関係がないことがわかった。そして、睦雄が真っ先に祖母いねの首を刎ねた動機を探るうちに、睦雄一家が因縁の地・倉見で身内の一族から受けた、苛酷な差別や裏切りが存在していたことが判明した。それこそ睦雄の人生を、そもそも歪めてしまった原点だった。《詳細は拙著「津山三十人殺し 七十六年目の真実」(学研)を参照》

 睦雄が生まれた翌年(大正七年)から翌々年にかけてのこと。

 倉見の"支配者"であった都井宗家の当主の祖父、そして父、母を、睦雄はほんの一年半ほどの間にたて続けに失った。いずれも死因は肺病と言われ、その後幼い睦雄一家(睦雄、姉)は、宗家の資産からするとほんのわずかな手切れ金(それでも三人が慎ましく生きるのに十分な額だったが)で村から放逐された。

 その後睦雄一家にお目付のように張り付いたのは、睦雄の祖父の後妻で、睦雄とは血縁関係のない"いね"だった。睦雄一家が手にした手切れ金は、睦雄成人の時まで、いねが管理することになり、睦雄一家はいねの郷里である貝尾に移り住んだ。

 そして、それらのことを睦雄は知らずに"いい子"として育った......。

 睦雄が全てを知ってから、しばらくして「津山事件」は起こった。

 津山三十人殺しには、自分を見捨てた村の女たちへの復讐の念以外の、これまで語られなかった、もう一つの伏線が隠されていたのだ。

 津山三十人殺しを語るとき、倉見の村は、貝尾以上に因業に満ちた"隠れ里"と言っていい。

 さて、倉見の場所だが、周囲を山に囲まれた巨大盆地である岡山県の旧:加茂町(現:津山市)の北端にある。尾根一つ越えると、そこは鳥取市佐治町で、中国山地奥深くの実に狭隘な谷地にあった。

 倉見のクラとは「闇で暗い」という意味で、地名としては日中でも十分な陽のあたらない「深い谷」のことをさす。そしてミとは日本古代の言葉である「"み"そなわす」が語源で、「統治する」の意味である。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング