FC2で性行為を生配信して逮捕 「海外サーバは合法説」の真相は?

東京ブレイキングニュース / 2014年6月13日 16時40分

写真

 アメリカ法人なのだけれども、明らかに日本向けサービスが多く、経営者も日本人という事実が2~3年前に発覚したことが記憶に新しいFC2のサービスを使い、女性との性行為を有料生配信していた男が逮捕された。

 逮捕されたのは、ライブ配信の運営者である"帽子君"こと大阪市北区の松本隆志容疑者30歳と、警察官が現場に踏み込んでいた時に松本容疑者と性行為をしていた19歳の女性。容疑は当然のことながら公然猥褻だ。松本容疑者は自宅マンションから有料ライブ配信を行い、半年間で約3,000万円もの収益をあげていたという。

 しかし、この松本容疑者は配信の予定を(宣伝のためだろうが)丁寧に告知していたり、とっくに身元がバレていたり、サイバーパトロールに前々から狙われていたことなどから、ライブ配信の時間に自宅マンションに突入され、現行犯逮捕された。また、逮捕されたのは松本容疑者だけではなく、FC2を使ったエロライブ配信を行っていた人間が同じタイミングで数名逮捕されていることから、一斉取り締まりであった可能性が高い。

 さて、私は常々「素人はエロビジネスに手を出すな」と主張しているのだが、エロの業界は規制が多く、様々な法律で雁字搦めにされている。今は配信用の機材などが安く揃えられるため、素人は「金になりそう!」という衝動だけで安易に食指を伸ばすようだが、エロ仕事で儲けたいならば、まず最初に揃えなければならないのは機材ではなく法律の知識である。

 さらに欲を言えば、法律の知識の他に警察の動向、警察の意向にも注意を払うべきであろう。日本の警察はハイテク犯罪に対する捜査能力を疑問視されており、インターネットを使った犯罪行為に対してムキになり易いように見受けられる。だからこそ素人が手を出すのはあまりに危険なのだ。

 これが仮に風俗店などの場合は、業界として横の繋がりや連絡網があるため「いついつ頃が危なそう」と事前にガサ入れ時期などの予測が立てられるのだが、個人商売のエロチャット経営者などにはそうした情報が回って来るはずもなく、今回のようにいきなりズドン! ということになる。

 だから「素人は絶対に手を出すな」と言うよりほかないのだが、こうまで国が貧しくなると生きるためのマトモな選択肢がないという人々も多く、金に目が眩んで「何をやったらヤラれるのか?」という最低限必要な知識もないままにシノギを始め、摘発されて人生がぶち壊しになるケースが続出している。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング