セクハラやじ問題はうやむや幕引き? ボヤを業火にした自民党

東京ブレイキングニュース / 2014年6月30日 13時3分

写真

 東京都議会を舞台に繰り広げられている野次騒動だが、当の鈴木都議や自民党の対応のマズさが災いし、沈静化どころか日々炎が大きくなっている状況だ。 

 先日アップした記事にも書いたが、上手く立ち回ればセクハラ問題ではない別の形で話を収めることもできたのに、火消しに回った自民党関係者達が揃いも揃って女性蔑視的すぎる、また諸問題の根本を全く理解していないと解る暴言を口にするものだから、根腐れしている様が如実に現れてしまった。援護のつもりが、何か発言するたびに味方に弾が当たるという状況である。

 まず当の鈴木都議本人のマズさだが、問題が発覚した当初に「私じゃない」と否定し、さらには今月20日の囲み取材の際に取材陣から「野次の発言者は議員辞職に値すると思うか?」と聞かれ、しれっと「そうですね」と答えている。じゃあ辞職して下さいという話なのだが、会派からの離脱だけで責任を取ったつもりらしい。ここまで短いスパンの有言不実行は中々にレアケースであろう。

 さらに鈴木都議は自身の公式サイトで「女性が働きやすい社会の実現」を掲げているが、それと「早く結婚すればいい」という発言は矛盾の一言だ。女性の働きやすさや子育てのしやすさを求めていたのが塩村都議なのだから、自身の公約を守る気があるならば、鈴木都議は塩村都議に賛同もしくは応援せねばならない立場のはずである。いくら票が欲しいからといって、ハナから守る気もない、また思ってもいない公約を掲げるのは勘弁していただきたい。これなど政治家としてセクハラうんぬん以前の問題である。

 次に当初は知らぬ存ぜぬを貫いていた自民党の、石破幹事長の言動も酷すぎた。一応は「党の責任者としてお詫びを」という謝罪の言葉を口にしてはいたが、その際に「結婚したくても、できない人たちのためにも」などと余計な発言をしてしまい、これがさらなる火種となってしまった。

※出典『NHK首都圏 石破氏「責任者としてお詫び」』

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140623/5435001.html

 今回の野次に憤りを感じているのは、何も結婚したくてもできない人たちだけではない。世の女性たち全員が結婚・出産を望んでいる訳ではないし、そのような価値観は前時代的な男性の理想の押し付けに他ならない。また結婚するにしても、今の日本では適齢期にある多くの国民が夫婦で共働きをしなければ生活できない状況なのだから、子供を作る余裕はなく、結局のところカップルが同棲している以上の関係性にはなり難い。結婚を望む人間が減った理由も、少子化問題も、根本はここだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング