車暴走「脱法ハーブ」の実態とは? 不倫カップルによる使用例も

東京ブレイキングニュース / 2014年6月30日 14時0分

写真

 6月24日の夜、東京・池袋駅近くで暴走した車が歩行者を次々にはね、1人が死亡、6人が怪我をするという事故が起こった。自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕された名倉佳司容疑者(37)は警察の調べに「運転前に脱法ハーブを吸った」と供述しているという。

 以前から脱法ドラッグの吸引が原因と見られる事件・事故は数多く報告されている。2014年5月には長野県で脱法ドラッグを吸引後無免許で車を運転した19歳の少年が1人を死亡、4人に怪我を負わせる事故を起こしている。また、2012年10月には東京都練馬区で脱法ドラッグを吸った上半身裸の男が小学校に乱入し、児童を追いかけまわして怪我をさせるという事件も起こっている。

 わたしも脱法ドラッグを吸引したことがあるからわかるが、吸引後、自らの気分や意識がコントロールしにくくなり、不安定な状態に陥った。過去にさまざまな非合法薬物を経験したことがあるわたしでさえそうなのだから、「警察に逮捕されないから」などという理由で手を出した薬物経験のない人間が激しい混乱状態に陥ることは容易に想像できる。

 厚生労働省は2013年3月に脱法ドラッグの主成分772物質を新たに包括規制したが、その後もトラブルは頻発している。今回は1年ほど前まで脱法ドラッグ店で店員をやっていたわたしの知人O氏(32歳・男)に話を聞いてみた。

――今回の事故をどう思いましたか?

「どうもこうもないよ。あー、またバカがやったかって感じ」

 死者が出ているにも関わらず、O氏は見下すような口ぶりで答えた。

――Oさんは1年ぐらい前までショップで店員をやっていましたよね。なぜ、やめたんですか?

「警察もうるさくなってきたしね、規制も厳しくなるっていうからやめたよ。その頃はイリーガルネタもやってたから、マークが厳しくなってパクられるなんてシャレにならないでしょ」

 O氏とは10年以上の付き合いになるが、昔から重度のジャンキーだった。今はやめたというが、どこまで信じていいのかはわからない。

――脱法ドラッグ店のバイト代はいくらでしたか?

「1000円。ま、基本的には楽な仕事だし、不満はなかったよ」

――お客さんはどんな人が多いですか?

「いろいろいるよ。イリーガルをやったことがなくてこれなら捕まらないからやってみたいっていう若い子も多いし、絶対に不倫セックス目的だろうっていう気持ち悪いおっさんもいるし、カップルもいる」

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング