“謝らない”はあちゅう氏をツイッター上で大批判 過去の『血液クレンジング記事』に「私も被害者」と釈明

TABLO / 2019年10月18日 17時16分

フェイクに引っかかってはいけません(写真はイメージです)

数日前からネット上を賑わせている美容医療の「血液クレンジング」。採取した血液に医療用オゾンガスを注入し血液を活性化させ再び体内に戻すといったもので、数々の芸能人がSNS等で宣伝していました。

しかし、最近になりTwitterなどを中心にその効果や安全性について疑問の声が上がり、高須クリニック・高須克弥院長も『オゾンのクレンジングは昔からあるよ。意味ねえよ。おまじないだよ』とその効果を否定しています。

そんな血液クレンジングを過去にSNSで宣伝した芸能人として多くの人の名前が上がっています。

関連記事:けっして質問してはいけない有名病院… いま“キレる医者”が話題 「会計について質問禁止」の張り紙も!? | TABLO

元AKB48の高橋みなみさん、ISSAさん、GENKINGさん、山田まりやさんなど、他にも多数の名前が上がっています。そして、ブロガーのはあちゅうさんの名前もそこに上がっており、7年前に血液クレンジングについて綴っているツイートが拡散されました。

こうした事態を受け、はあちゅうさんは17日に釈明のツイート。

血液クレンジングについては、過去にフォロワーから医学的根拠がないという指摘を受けていたと明かし『記事など削除したつもりでしたが、何度もブログを引っ越しているので、過去ログ消し切れてないかも&ツイッターなどで消し忘れもあったようです』とツイート。

続けて、

『もしもニセ医療であるなら、お金を払って施術を受けているので被害者ではあるのですが、SNSに載せると被害者でありながら被害を拡大させているので、責任も感じますし、情報の発信や判断って本当に難しいですね』

『問題提起をするのではなく、目的が「叩く」になってる人や、専門外なのに便乗して何か言ってる人たちも、情報を鵜呑みにして、記事に踊らされてる人だから、自分が何かにひっかかるリスクは大いにある。私が言える立場ではないけどお互いに気をつけましょうね』

などと綴っていました。

しかし、こうしたはあちゅうさんのツイートに「被害者面すんな」といった声が寄せられてしまいます。

参考記事:「もう黙っててくれよ」 マタニティー・フォトを公開したはあちゅうさんに“やっぱり”批判が集中するワケ | TABLO

Twitterなどでは「ステマで金貰って怪しいけど宣伝しましたって謝罪ならわかるけど被害者って(笑)」といった声をはじめ、

「どこまでも被害者に持って行きたいみたいやが無駄やぞ。過去の悪事が返ってきてるだけ」

「はあちゅう、血液クレンジングあんなに宣伝してたのに“私は被害者です!!”って訴えてるんだ…。えええぇ…」

「ほんとごめんなさい言わないなぁ。責任とか悪いとかかんじてないだろw もしくはごめんなさい言う理由がわからない。こんなとこかな」

「被害者ぶるという図太さ。あーほんとイカれてる」

といったコメントが見受けられました。

拡散力のあるはあちゅうさんが公の場で宣伝してしまった以上、ただの被害者として押し通すには無理があると多くの方が感じているようです。(文◎絹田たぬき)

あわせて読む:タレント坂口杏里氏またもや予期せずインスタ炎上! 整形で切除した「肉片」を浮かれてアップ | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング