オタクは規制、芸術はOK...ろくでなし子事件で「自称フェミ」がトンデモ大暴論

東京ブレイキングニュース / 2014年7月23日 14時0分

写真

 

 自身の女性器の3Dプリンター用データを、クラウドファンディングの協力者に配布したとして"わいせつ電磁的記録媒体頒布罪"の容疑で逮捕されたろくでなし子氏(芸術家・漫画家) が、7月18日に東京地裁が準抗告を認めた事により釈放された。

 さて、ろくでなし子氏は漫画家・芸術家としても活動しているが、他にも女性用のアダルトグッズショップ『ラブピースクラブ』のスタッフとしての一面も持っていた。このラブピースクラブの経営者が北原みのり氏で、北原氏はろくでなし子逮捕の一報が流れるのと同時に、彼女の逮捕を不当であるとして運動を開始した。

 このように極端過ぎる、フェミ界隈からも批判を集める事の多い炎上商法の代名詞のような人物だけに、今回の騒動でも他に先駆けてあまりにも邪魔過ぎる暴論をあちこちでぶちまけていた。例えばこんなコラム。

『ろくでなし子さんの逮捕に思うこと。』

(http://www.lovepiececlub.com/lovecafe/minori/2014/07/15/entry_005228.html)

 ここでは北原氏はやたらと 「女性器が猥褻とされている!」 と主張しているが、それは男性器も同様である。もし男性器をノーモザイクで映せるのに女性器にはモザイクが必要となったら北原氏の主張にも聞く価値が生じるが、実際はそうではない。この時点でこの人物の言っている事は意味が解らない。続いてAFP通信のこんな記事。

『女性器アーティスト逮捕に抗議の声』(http://www.afpbb.com/articles/-/3020722)

「作家の北原みのり(Minori Kitahara)氏は、警察が五十嵐容疑者の事務所を家宅捜索して同容疑者の作品20点を押収したと明らかにするとともに、日本は男性の性的関心には過度に寛容である一方、女性の性的関心の表現はいまだに抑圧されている社会だと指摘した。」

 上の文章の後に、今回の騒動とは全く関係ない児童ポルノの話題にすり替わっている点を見ても、この記事の著者や北原みのり氏が何を画策しているのか手に取るように解るだろう。ろくでなし子氏を助ける事よりも、彼女の逮捕を幸いと自分のアピールの場に使っているかのようで反吐が出る。

 そもそも、北原氏の言う「日本は男性の性的関心に過度に寛容で、女性の性的関心の表現は抑圧されている」という点が大嘘だ。

 確かにビジネスとしては男性用のエロ作品・商品の方が早く世の中に出回ったかもしれないが、今となっては男性向けエロマンガもレディースコミックも、等しく「過度な性的表現は抑圧されている」という現実がある。男性器も女性器も等しくモザイクの向こう側に追いやられているのと全く同じ事だ。それが見えていないのは北原界隈だけである。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング