ももクロ・桃神祭で話題...三峯神社とは何か!? プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.54

東京ブレイキングニュース / 2014年7月29日 11時0分

写真

 

 先週末におこなわれた「ももクロ 夏のバカ騒ぎ2014 日産スタジアム大会~桃神祭~」のオープニングで流れた映像のロケ地が「三峯神社」だったという。ツイッターでちょっと話題になっていた。

 三峯神社とは何か? ひとことで言えば「関東最大のパワースポット」としてあらためて注目されている埼玉・秩父の神社だ。

 テレビでは最近「ぴったんこカン・カン」が紹介していた。じつは私も2年前に三峯神社とは不思議な出会い方をしているのです。きっかけはNHK・ETV特集の「見狼記 ~神獣ニホンオオカミ~」という番組。

《明治末期に絶滅したといわれるニホンオオカミ。この幻の獣に酷似した動物を目撃して以来、もう一度出会う悲願のため情熱を燃やし続ける男性がいる。痕跡を求めて調査していくうち、奥秩父を中心としたオオカミ信仰、「おイヌさま」の存在が次第に大きく浮かび上がってくる......。》

 この「水曜スペシャル」みたいなドキュメントがおもしろすぎたので私は「東京ポッド許可局」(現在はTBSラジオ)でさっそく話した。

 そのあと当時の書籍担当者からメールが。「全国の神社巡りが趣味の友だちは霊感が強い人で、三峯神社のパワーはかなりすごいと毎月通っていまます」という内容。

 私の身の回りにも「引きが強いな」という出来事がそのあと続いたので「オオカミパワーだ」と言いまわっていたところ、なんと三峯神社の宮司である中山高嶺氏から「三峯、いのちの聖地」という本が贈られてきた。番組を聴いてくださったという。

 この本で語られている三峯神社の「パワー」をいくつかあげてゆく。まずご神木。

・「三峯神社の拝殿前には、樹齢八百年の杉の木が聳え立っていますが、これこそが畠山重忠公が寄進されたご神木「重忠杉」です(略)いつの頃からか、このご神木には癒しの力があるといわれ始めました。三峯山はむかしから神聖な霊気に満ちた山といわれてきましたが、ご神木が放つ「気」に集う人たちが近年さらに増えてきました。」

 次にオオカミのことも。

・「一般的に神社の参道や社殿の前には狛犬が据えられ、魔除けのためとされますが、三峯の「お犬さま」はちょっと違います。ここのお犬さまは御眷属(ごけんぞく)様あるいは御神犬と呼ばれ、三峯の神のお使いであり、「大口真神(おおくちのまがみ)」と称えて、お札となり信仰の対象となっています。日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国平定の帰途、この山に登られた時、その道案内をしたのが狼だったとの言い伝えからきています。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング