【佐世保同級生殺害事件】加害者が遺体を切断した類似事件から考察

東京ブレイキングニュース / 2014年7月31日 16時0分

写真

 長崎県佐世保市の高校1年生松尾愛和さん(15)を殺害したとして、同じ高校の同級生の女子生徒(16)が逮捕された。加害女子生徒は被害生徒の首と左手首を切断した。少年事件で首を切断したのは、1969年の高校一年生の男子生徒が同級生を殺害した事件、1997年の中学生が小学生を殺害した神戸連続児童殺傷事件など、いくつかあるものの、非常に稀だ。この事件の具体的な背景はまだ明らかになっていないが、現段階の情報を元に考察をしてみたい。

●「計画」を実行させたものはなにか?

 母親の急死と父親の再婚を経て、加害少女はマンションで一人暮らしをしていた。そのマンションに被害生徒を自分から「会いたい」を呼び寄せている。凶器も事前に買っていたことから計画的だったと見られている。

 親や友人を殺したいと思った少年少女の取材をしたことがある。実際には実行しないが、事前に凶器を買っていたケースもあった。話を聞くと、凶器を購入し計画する行為と、計画通りに殺害する行為は別だ。実行前に「怖い」という気持ちや「迷惑をかけたくない」といった感情が生まれたりする。「勇気がなかった」と言っていた少年もいた。

 計画通りに実行した理由はいったい何か。一般に殺人の加害者と被害者は顔見知りの場合が多い。10年前の佐世保小6同級生殺害も仲良しのグループのメンバーだった。今回は加害生徒が一学期に3日しか行っていないものの、何度も被害生徒と会っている。「特別仲がいいわけではない」(学校関係者)が、加害生徒にとっては、会える友だちとして特別な存在だった。

 二人に何があったのか。あるいは何もないが、犯行に及んだのか。97年の神戸連続児童殺傷事件では、特に関係があるわけじゃない小学4年生の女児を金槌のようなもので殴りつけ、逃走している。女児が殺害される明確な理由はなかった。今回も明確な理由がない可能性もある。

●首を切断

 首を切断した少年事件で思い出すのは、1969年の高校一年生の男子生徒が同級生を殺害した事件、1997年の神戸連続児童殺傷事件、2007年の会津若松市で母親を殺害した事件、同年、京田辺市で父親を殺害した事件など、いくつかある。このうち、神戸連続児童殺傷事件では、弟の同級生で「仲良し学級」にいた小学5年生の男児を誘い出し、殺害した。加害少年は「人を殺したい」と思っていた。殺害した翌日、男児の首を切断する。

 さあゲームの始まりです

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング