【高校野球】選手宣誓のJポップ化はいつから? プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.55

東京ブレイキングニュース / 2014年8月5日 12時30分

写真

 

 高校野球 「夏の甲子園」が9日から開幕する。昨年、私は久しぶりに開会式をテレビで見たのだけど相変わらずの「大げさ」にしみじみした。一糸乱れぬ入場行進、エライおじさん達の仰々しい挨拶。高校野球のああいう雰囲気は苦手な人もいるだろう。

 でもふと思った。「選手宣誓」は激変してないか? と。私の記憶だと昔はとにかく絶叫調で「スポーツマンシップにのっとり、正々堂々とたたかうことを誓いますっ!」がお約束だった。

 それがいつの頃からか、淡々と、落ち着いて、なんなら「いいこと」を言い始めたのだ。昨年も優秀だった。北海道帯広大谷高校の杉浦主将。

《宣誓。私たちは今、この甲子園球場に立てることに幸せを感じています。第95回を数える長い歴史の中で、様々な困難を乗り越え、本当に多くの先輩方が、前を向き、夢、感動、勇気を与えてくれました。それを、私たちも継承し、また、先輩方に負けないように、決してあきらめず、仲間を信じ、未来を信じ、今よりも一歩でも前進します。

 今、生きていること、全てのいのちに生かされている重みをしっかりと受け止め、高校生らしく爽やかに、すがすがしいプレーをすることを誓います。》

 なんていいことを言うんだ。いったい、あのアホっぽい絶叫調はいつから消えた? 疑問に思った私はさっそく調べてみた。そしたらなんと「高校野球の選手宣誓」を研究している大学教授がいたのだ!

 関西学院大の陣内(じんのうち)正敬という社会言語学の教授。研究の様子は朝日新聞でも紹介されていた。「高校野球宣誓、絶叫調から語り調への転換点は80年代?」(2009年08月08日)という記事。

 それによると「陣内教授は、毎年同じ場で行われ、記録が残りやすい選手宣誓は、言葉と社会の関係をはかる資料として貴重と着目」した。

 選手宣誓の変化の口火を切ったのは意外に早い。1984年夏の福井商主将だという。「若人の夢を炎と燃やし(中略)甲子園から大いなる未来へ向かって......」と詩的な表現ではきはきと話し、聞き取りやすかったらしい。

 そして陣内教授は2011年に「高校野球・選手宣誓の時代性」という論文を書いている。

 論文を読み進めていくと「宣誓文における出現語句の年代的傾向を知るために、よく出現する典型的な語句を選び、それを宣誓年順にならべて対照表を作った」とし、90年代以降は「仲間」「感謝」「感動」「心」「甲子園」「舞台」「全力」「白球」 という語彙が多く見られると指摘している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング