朝日新聞「慰安婦報道の訂正」を検証する...プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.56

東京ブレイキングニュース / 2014年8月12日 15時0分

写真

 先週大きな「事件」があった。朝日新聞が5、6日付の紙面で「慰安婦問題を考える」という検証特集をしたのだ。

 そのなかで、朝日新聞が何度も報じてきた「吉田清治」の証言について「虚偽だと判断し、記事を取り消します。当事、虚偽の証言を見抜けませんでした。」と記事を取り消した。吉田清治の著書「私の戦争犯罪」は創作であり、吉田本人もそれを認めていた。ゆえに朝日に対してのツッコミが絶えなかった。

 それにしても、なぜ今「慰安婦報道検証」を朝日がしたのか。当時の記者が引退したから? 部数が落ちたから? バッシングに耐えられなくなったから? 私は思い当たることがあるのです。それは6月だ。

 朝日がスクープとして報じた「吉田調書」である。吉田調書とは東京電力福島第一原発所長で事故対応の責任者だった吉田昌郎氏が「政府事故調査・検証委員会の調べに答えた「聴取結果書」。これを朝日新聞が入手して暴露し反響を呼んだ。

 そのあと6月、週刊ポストにこんな記事が出た。「朝日新聞『吉田調書』スクープは従軍慰安婦虚報と同じだ」(6月20日号)。

 これに怒った朝日はすぐさま動いた。「週刊ポスト記事に朝日新聞社抗議 吉田調書めぐる報道」(朝日新聞・6月10日)

 朝日側は自信を持って送り出した記事を「捏造」と言われて頭にきたのだろう。でも一方で私はこう思ったのです。

「では、ここ20年以上"捏造だ"と攻撃されている"朝日慰安婦報道バッシング"についてはなぜ反論しないのだろう? 抗議しないのだろう」と。

 もし朝日が慰安婦報道の記事に絶対の自信があればすぐさま反撃しているはずである。しかしそうすれば「では吉田証言は?」というツッコミが必ず返ってくる。今回の朝日の検証記事を読むと、どうやら朝日自身も1997年くらいに「吉田証言は虚偽」とわかったらしく、沈黙を始めたことがわかる。

 しかし今後も沈黙を続けたらどんなに大スクープを報じても「"慰安婦虚報"と同じだろ?」という野次が飛んでくるだろう。それにもう朝日は耐えられなくなったのではないか? 言ってみれば東電の「吉田調書」スクープを守るために、慰安婦の「吉田証言」虚偽を認めたのだ。と思ったらさっそく【朝日新聞社、FLASHに抗議文「捏造は一切ない」】(8月6日)という記事が。興味深いので全文を載せる。

《5日に発売された光文社の写真誌「FLASH」8月19日・26日号に掲載された「『従軍慰安婦捏造(ねつぞう)』朝日新聞記者 大学教授転身がパー」の見出しの記事について、朝日新聞社は5日、朝日新聞の報道を根拠なく「捏造」と決めつけ、名誉と信用を著しく傷つけたとして、FLASH編集長に抗議するとともに、謝罪と訂正の記事掲載を求める文書を送った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング