両国大会チケット完売...インディ系プロレスDDTと「ももクロ」の共通項

東京ブレイキングニュース / 2014年8月14日 20時0分

写真

Photo by 俺たち文化系プロレス DDT / 高木三四郎

 

 以前このような記事を書かせていただいた(『2団体同時に所属契約の快挙、プロレスラー飯伏幸太って何者?』http://n-knuckles.com/case/society/news000536.html) が、インディプロレス団体のDDTがまたも偉業を達成した。なんと8月17日に行われる両国国技館大会のチケットが、前売り段階で全席完売してしまったそうなのだ。当然、今年の両国大会は当日券がない。

 国技館はステージの作り方にもよるが、だいたい7,000~1万人程度のキャパシティなので、アリーナやドームでの興行と比べると大した話には聞こえないかもしれない。しかし、注目すべきはプロレスというジャンルが一度滅んだも同然のコンテンツであるという事と、成し遂げた団体が全国区の有名選手が殆どおらず、スポンサーも持たない、DDTというインディ団体であるという点だ。

 実はこのDDTという団体は、未だに古い考え方のプロレスファンや業界人にはウケが良くない。なんせ専門誌にも「あんなのインチキだ」「プロレスの面汚しだ」と、名指しで嫌味を書かれるほど邪険に扱われていた不遇の存在だったのだ。そんな最底辺から、独自のセンスと戦略だけを頼みに自力でのし上がったのである。そういう点では、プロレスファンよりも、むしろグループアイドルファンにこそ素直に納得して貰えるであろう歴史を持っている不思議な団体と言えるだろう。

 DDTの旗揚げメンバーらは、「PWC」「IWA格闘志塾」「屋台村プロレス」といった、プロレス業界の最果てのようなどインディ団体を出自に持っている。アイドルで言うならば、ご当地の人にも全く知られていないご当地アイドル......いや、むしろ○○商店街でしか通用しない自称アイドルのようなポジションか。

 彼らはリングの魂というテレビ朝日系列の深夜番組で一躍人気者になり、某ピザ屋のCMにも出演していた某選手の下でデビューするも、肝心のその代表選手が団体ごとほっぽり投げてしまい、路頭に迷った無名の若手レスラーだけでDDTを旗揚げしたという夢も希望もない始まり方だった。

 その旗揚げメンバーのひとりで、学生イベンターとして知る人ぞ知る存在だった高木三四郎(現DDT代表) は、そんなどん底の状況から自分にあるノウハウや人脈を駆使して、他の団体では絶対にやらないような方法論で団体を生きながらえさせた。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング