「肉付きが良くなった...」浅田真央の初ビキニ姿をマスコミ各社が狙うウラ事情

東京ブレイキングニュース / 2014年8月18日 18時0分

写真

Photo by 浅田真央 『Smile』~氷上の妖精10年の軌跡~ [DVD]

 

 芸能マスコミは各社、この8月、カメラマンや記者を沖縄に相次いで投入する予定だ。その理由は、フィギュアスケートの国民的人気選手、浅田真央の水着姿が撮れるかもしれないからだ。

 5月に1年間の競技休養を宣言した浅田真央だが、彼女はそれ以降も、テレビやラジオ番組に出ずっぱり。ついに7月27日に「ザ・アイス」が終わったことで、これからようやく、本当の休養が始まる。そんな浅田真央が、別の意味で注目を集めているという。長年、浅田を追いかけているスポーツ紙記者が証言した。

「すでに5キロも太り、体型はアスリートから普通の女の子に変貌。かなり肉付きが良くなっています。もともとスタイルがいいし、そこに肉がついたことでグラマーな身体になったと評価する向きもあります。真央ちゃんの懸案事項だった胸も若干大きくなったように見える。姉の浅田舞はEカップもあるということで、真央ちゃんはそれについてコンプレックスを持っていたようですが、今回太ったことで、胸のサイズもワンカップ上がったとか」

 そんな浅田真央がこの夏、どうしても行きたいと考えているのが、大学主催の「スキューバ合宿」。沖縄で1週間滞在し、スキューバの資格を取るというものだ。これは大学の課外授業の一環で、彼女は昨年留年が決まった後、「今年は絶対に卒業する!」と意気込んでいるから、このスキューバも絶対に行くものと見られている。

「この話が出てから、すぐにマスコミ各社が色めきだちました。というのも、ウェットスーツの下には通常、女性はビキニを着用する。つまり、シャッターチャンスによっては、浅田真央ちゃんの初ビキニ姿が撮影できるかもしれないと考えたからです。ただし、浅田真央サイドも最大限の警戒をするはずで、特に中京大学は浅田真央に対しては鉄壁のガードをすることで知られていいます。大学関係の合宿なので相当警備には力を入れることが予想されています」(前出・スポーツ紙記者)

 スクープ合戦はどこが勝ち抜くのか。朗報は未だ届いていない。

Written by 阿蘭澄史

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング