「報道ステーション」名物ディレクター自殺の真相に迫る【前編】

東京ブレイキングニュース / 2014年9月9日 14時0分

写真

岩路真樹ディレクターの自宅玄関には花束が置かれていた。

 

 テレビ朝日の報道番組で活躍するディレクターが8月30日朝、遺体となって発見された。岩路真樹さん。享年49。生前、現場にこだわり、弱者からのまなざしにこだわっていた彼は福島県で急増した甲状腺ガン問題に継続して目を向けたり、除染問題の欠陥について追及したりと、なかなか日の当たらない問題にも粘り強く取り組んでいた。その姿勢は休日になっても同様で、自費でイラク戦争を取材したり、冤罪被害者に話を聞きに行ったりもしていた。

 彼が甲状腺ガン問題といった原発の闇に食い入るような報道をしていたからなのか。警察権力にひるまず取材をしていたからなのか。亡くなったことがネット上で拡散されはじめた9月2日以後、根拠のない憶測やイメージ操作、果ては暗殺と決めつけるコメントがネット上に飛び交うようになった。新聞や雑誌での報道が一切ないため、憶測が憶測を呼んだのだ。

 そんなはずはないのに――。

 生前の彼のことをよく知っているだけに、赤の他人が彼の死を弄ぶように書き連ねることが辛かった。とはいえプライベートな事柄なので詳しくは書けない。そんなジレンマの中、筆者はじっとしていられなくなり、ついには都内の南部にある岩路さんの自宅へと足を運んだ。彼の死が本当なのか確かめたかったし、もしそれが本当なら花を手向けてみたかった。そしてわかったことをひとつひとつ記していくことで陰謀説の火消し役になりたい。そう強く思った。

 以前も来たことがある岩路さんの一軒家の前に立った。玄関ドアが固く閉じられていて、人気はなかった。死亡を知った知人たちが置いていったのか、玄関ドアの前には花束や封の開いたビール、つまみなどが置かれていた。ドアの手前にはポストがあり、「岩ジンさんが『なくなりましたので』先方におかえし下さい。 8月30日」と記され、ガムテープで封がしてあった。

 それを見て、彼の死を突きつけられた。胸が締め付けられる思いがした。

 呆然としながら花を手向け、その後、自宅の前でポストの貼り紙を見ながら、故人との思い出を思い浮かべ、ぼんやりと佇んだ。

 すると、隣に住む年配の男性が家から出てきた。

「そのポストね、荷物が来ても困るので亡くなったのがわかった日に私が封をしたんです」

 その男性は岩路さんの古くからの知り合いだという。恐る恐るその男性に亡くなったときのことを聞いた。

「第一発見者は奥さん。30日の朝、別居先からやってきて合い鍵で開けて、亡くなってるのを確認したんです。岩ジンくんは3階の部屋のドアを目張りして練炭自殺。そこは別居前に彼が子供たちと彼が一緒に寝泊まりしてた部屋だったの。岩ジンくんは亡くなる直前まで広島にいて災害現場を取材してたんだけど、東京に戻ってから会った人は『(言動に)おかしい様子はなかった』って言ってたそうだね。だけどね、私が見るに8月に入ってからおかしくなってた」

 淡々と話してくれただけに死という現実が深刻に感じられた。

 それにしても、いったい彼が亡くなった本当の理由は何なのだろうか――。

Written Photo by 西牟田靖

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング