NHKニュース「児童の性被害特集」でモヤモヤした点を検証する

東京ブレイキングニュース / 2014年10月11日 22時0分

写真

 10月5日に放送された『NHKニュース・おはよう日本』の中で、児童の性被害に関する特集が組まれた。『"子どもの性の商品化"実態は...』と題されたその特集では、主にジュニアアイドルの過激な性描写などが問題視されており「一部の悪徳プロダクションから子供を守るためには~~」といった論調で話が進められた。

 だが、ここでもやはり児童と性被害を結び付ける最も重要な箇所が抜け落ちており、どうにもモヤモヤする内容のまま終わってしまったように思う。番組内容を丸ごと否定・批判したい訳ではないので、どうにもおかしい、もしくは言及が足りない点を、ピンポイントで抜き出してみよう。

(1) 一部の悪徳プロダクションだけが酷い訳ではない

 番組では低年齢アイドルに注目し、彼女らの活動内容がいかに卑猥なものかを紹介していた。だが、アイドルに憧れる子供を食い物にする悪質なプロダクションもあるといった論調で、これには大きな間違いがある。

 確かに地下アイドル系のファンとの接触イベントの中には "抱っこ会" など規制されて当たり前の酷いものもあるが、大手プロダクション所属のアイドルであっても、50歩100歩な可哀想な活動をさせられた子達が大勢いる。ファンとの接触といえばAKBのオハコというイメージがあるが、クリーンなイメージのあるももクロでも、メンバーの殆どがローティーンだった頃に有料ビデオチャットで荒稼ぎさせらされたりと、モラル面でギリギリの活動をしていた。またハロプロ所属のスマイレージのウリ文句は「日本一スカートが短いアイドル」であったが、その言葉の通り極端に短いスカートを履いて見せパンを見せるといった振り付けを地上波の音楽番組で披露しており、これも子供にセックスアピールをさせている点に変わりはない。

 このように、大手プロダクションだから、メジャーなアイドルグループだから安全・安心だという話ではないのである。今回のNHKの特集では、ごく一部の悪質なプロダクションに気を付ければ子供を守れると勘違いする親が現れると思うのだが、それはNHKの制作陣が望むことなのだろうか?

(2) 児童への暴力・虐待の加害者となる確率が最も高いのは親兄弟である

 こうした特集が組まれる際に、何故かあまり言及されないのがこれだ。 今も昔も、子供に対する暴力・虐待の加害者は、親や兄弟である比率が非常に高い。 だからこそ問題が表面化せず、子供も黙って耐えるしかなく、最悪の結末に至ってしまう。 最近も女の子が自分の母と祖母を殺してしまうという痛ましい事件が起きたが、あれも後の調べて度重なる虐待があったと報じられた。

 だが、今回のNHKの特集のテーマは「子供の性の商品化」であるから、それに沿った内容にしよう。性的虐待などの加害者が親や兄弟である場合が多いと述べたが、それ以上に我が子のジュニアアイドルとしての活動内容を知った上で「解ってやらせている親」も多い。

 NHKの特集では何故か「親が知らない内にメーカーが卑猥なシーンを撮影してしまう」という話だけを取り上げていたが、これは大嘘と言ってもいいのではなかろうか? 発売される作品数がそれなりにあるので、もしかすると中にはそうして撮影された物もあるのかもしれないが、であれば完成したDVDを見るなどした親がプロダクションを訴えるだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング