沖縄土着の霊能者「ユタ」が有名女優の命を救った衝撃エピソード

東京ブレイキングニュース / 2014年10月20日 10時13分

写真

 東京ブレイキングニュースにはインチキや詐欺商売の類を批判する記事を寄稿することが多いのだが、世の中にはオカルト的であっても簡単にインチキとぶった斬れない不思議な現象・存在もある。

 はじめに言っておくが、私はどちらかというと実証主義に偏っており、霊能者・霊媒師・占い師・風水師......その他諸々と言われるとまず疑う。そんな肩書で商売している輩を見かけたら、例外なく手品師と詐欺師の合わせ技だと考えてアラを探す。

 だがそんな私でも、ごく僅かではあるが過去に何人か認めるしかなかった人物がいた。その中のひとりが、今回取り上げる沖縄のユタ(以下A氏)だ。

 ユタとは、簡単に言うと沖縄のシャーマン的存在。沖縄出身の知人達に聞いてみたところ、複数名から「人生の節目(就学・就職など)にお祖母ちゃんにユタの所に連れて行かれた」という答えが返って来たので、単なる昔の風習ではなく、今も "生きている" もののようだ。(ただしユタを毛嫌いするひとも多く、沖縄人が皆ユタを信じているという訳ではない)

 A氏とは沖縄で映像撮影のコーディネーターをやっている共通の知人を通して知り合ったのだが、ある時彼がコーディネーターに対して「今度海でなにか撮るでしょ? 事故が起きるから止めな」と言い出したのだ。

 しかし映像撮影の仕事はスケジュールがカッチリ決められてしまうものなので、ユタにそんな事を言われたからといって取り止めに出来る訳がない。当然のごとくコーディネーターが「相手がいる話なので、今からじゃ中止にも延期にも出来ない」と言うと、A氏は「じゃあ撮影に使う船をお祓いするから手配して。何もしないと死人が出るから」と言って聞かなかった。

 A氏が何事か言い当てる確率の高さを知っているコーディネーターは、渋々船を用意し、撮影に参加するスタッフも可能な範囲で呼び集めた。そこでA氏は「撮影中にこの船が海の真ん中で火を吹いて沈没します」と言い出し、「その事故自体は防げないと思うので、このお守りを肌身離さず持っているように。船にトラブルが起きたら、荷物も何も置き去りにして甲板に出て助けを呼んで。それを守ってくれれば大したケガ人は出ないけど、荷物を惜しんだら死人が出るよ」と指示を出した。

 そして撮影当日、A氏の言葉そのままに船にアクシデントが起こり、あれよあれよという間に火柱を上げて沈没したのだが、乗組員は偶然すぐ近くを通りかかった別の船に救助され、船長が軽い火傷をした程度で済んだのだ。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング