【橋下市長vs在特会】得られたメリットでは桜井氏側の圧勝か

東京ブレイキングニュース / 2014年10月21日 12時38分

写真

Photo by 橋下徹「まっとう勝負」

 10.20大阪市役所特設リングにて、維新・橋下vs在特会・桜井という夢の対決が実現した。これは桜井(通名)の対戦要求を橋下が受け入れる形で行われ、「ヘイトスピーチ規制」を巡るシビアな攻防が期待されたのだが、王者・橋下が桜井の先手を打って感情的な挑発に出るなど予想外の展開を見せ、結果的に10分足らずで乱闘が始まりノーコンテスト裁定となってしまった。

 戦前の予想では、政治の世界でキャリアを積んでいる橋下が、政界に直接関わったことのない桜井を横綱相撲で軽くいなして終わるのではないかという声が大半だったのだが、橋下が己の感情を優先し過ぎてしまったが為に、悪い意味でインパクトのある試合になってしまったと言えるかもしれない。

 この試合について、専門家達は王者・橋下に対して手厳しい評価を下している。

 というのも、桜井にとっては、この一戦は普通では実現不可能な格上相手の大一番なのだから、勝ち負けを度外視してでも目立ちさえすれば何かと得る物がある。桜井程度のポジションであれば「あの橋下とやり合った桜井です」と名乗れるだけでも有り難いと感じるはず。試合がどんな形であれ、維新・橋下の名前を使って自分の存在を世間に広めることが出来れば最高のパブ展開になるのだから、手段を選ばず攻めてくることは解り切っていた。

 しかも、橋下のお陰で自分個人の力では絶対に見向きもして貰えないマスコミに露出できるのだから、ますますキレイな試合にこだわる必要がない。実質的に、見る人に爪痕を残せればいいという割り切った戦い方が出来れば、それだけで桜井の勝ちだったのだ。

 対する橋下は、そのような思惑で攻めてくる挑戦者に対し、まず格の違いを見せ付けねばならなかったように思う。それが出来ず、初手から「アンタじゃねえだろぉぅ!」などと怒鳴ってしまっては台無しだ。この橋下のミスに対して、桜井の方がむしろ冷静に「アンタがダメならオマエと呼べばいいのか?」と返してしまい、この時点で同レベルの選手同士の泥仕合の様相を呈してしまった。

 その後の技の応酬では、橋下が王者の貫禄を見せて流石の正論を繰り出したものの、上に挙げた初手のミスを挽回するには至らなかった。試合を見た人間の誰もが玄人という訳ではないのだから、細かい技術に詳しくない観客の中には、橋下が桜井に押されたと受け取った方もおられるやもしれない。そういう状況を生み出してしまった時点で橋下は王者として失格なのである。自ら進んで桜井と同格に落ちに行ったも同然の大失態だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング