パリ9区で発見、欧州最古の「フリーメイソンロッジ」潜入ルポ

東京ブレイキングニュース / 2014年10月30日 18時0分

写真

▲欧州で最も古い歴史を持つロッジ「GRAND ORIENT DE FRANCE」

 フランスはパリ9区、カデ通り。野菜や鶏肉を売る屋台が並ぶ、パリ市内でも古びた下町だ。その路上を歩いている途中、周囲の風景に似つかわしくない近代的なビルを発見した。ガラス張りの入り口から中を覗けば、やけに身なりのよい紳士たちが闊歩していて......。一体このビルは何かと見回したところ、「GRAND ORIENT DE FRANCE」なる文字が掲げられている。直訳すれば「フランス大東社」。

 ということは、もしやここって、フリーメイソンのビルではないか!

 フリーメイソンの起源である英国グランドロッジに並ぶ、ヨーロッパ大陸で最も古いロッジ(支部)、それが「フランス大東社」だ。しかし、そんな秘密結社の老舗ビルにも関わらず、なんだか明るくて入りやすい雰囲気......というか、明らかに一般人も出入りしているようだ。

 都市伝説でささやかれるフリーメイソンといえば「世界を裏で操る秘密結社」。会員以外が秘密を探れば消されるかもしれない、といったイメージが横行している。しかし、このロッジはなんと一般に開放されており、誰でも出入りが可能なのである。それもそのはず、エントランス部分が「フリーメイソン博物館」として運営されているのだ。

「まさか歴史の闇に隠された文書や、世界を牛耳る本当の支配者が紹介されているのか?」

 そんな風に期待する人がいれば、いたって普通すぎて拍子抜けしてしまうだろう。1733年から発足したフランス大東社の歴史資料、歴代有力者たちの肖像画や写真、過去に使われていた儀礼用のグッズなどが展示されている。まあ、フリーメイソンという観点を覗けば、どこにでもある歴史資料館である。明らかにメイソン会員らしき受付のオジさんもやけに明るく、「入場券3種類あるけど、どの絵柄がいい?」とフレンドリーな印象。

http://n-knuckles.com/discover/img/MAIZON02.JPG

 変わった点といえば、入り口の床に刻まれた奇妙な文様だろうか。何ヶ国語もの文字が円状に配列されている。オジさんの説明によれば、これは世界中の言葉で作った「指紋」らしい。もしや、世界の謎を解くための「メイソン・コード」か!?

 しかし「指紋」に書かれた諸外国語を解読してみると、意外に普通のことしか書いていなかった。例えば漢字で記された「政教分離」という四字熟語。これは18世紀当時、カトリック教会からの離脱を謳い、無神論者も受け入れた、フランス大東社の理念を表しているのだろう。それに政教分離は近代ヨーロッパの全体的な流れであって、ことさらフリーメイソンに限った思想ではない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング