【現地ルポ】民主化デモで香港分裂!? 騒乱の裏に謎のアメリカ人

東京ブレイキングニュース / 2014年11月5日 21時0分

写真

(香港・金鐘のコンノート・ロードで2014年10月21日午後9時26分=撮影・著者

 香港の「雨傘革命」と呼ばれる大規模デモが新たな展開を迎えた。参議院と似た機能を持つ中国の人民政治協商会議(政協)は10月29日、香港代表の田北俊委員を解任した。政協委員の解任は過去に例がなく、異常事態と言える。

 理由は田氏が24日、香港のラジオで香港政府トップの梁振英行政長官に辞任を促す発言をしたことだ。

 田氏は企業の利益を代弁する親中派の自由党党首。梁氏の辞任を求める点では香港民主派と共通するが、対中姿勢は真逆だ。民主派は「真的普選(完全な普通選挙)」を求め、要求に応じない梁氏に反発してきた。

 一方の田氏は、繁華街・旺角の大通りを占拠する民主派が高裁の排除命令を無視して居座ることを問題視、「香港が統治不能に陥った」責任は梁氏にあると批判した。占拠開始から1カ月目の節目を前に、民主派の強制排除をためらう梁氏に苛立ちを露わにし、9月下旬のデモ開始後、初めて体制派として〝倒閣〟に動いた格好だ。

 そんな田氏を中国政府は解任した。9月下旬のデモ開始以来、国際社会は「香港で〝天安門事件〟が再来するのか」と恐れてきたが、中国はその見通しに反して親中強硬派の田氏を追放し、デモ収拾に動かない梁氏を側面支援したように映る。

 では梁氏はデモをどう見ているのか。田氏の問題発言に先立つ10月19日、梁氏は香港アジア・テレビの報道番組に出演した。司会役の地元ジャーナリストから「中国の汪洋副首相は、香港のデモを外的勢力によるカラー革命と言っているが、どう思うか」と問われ、「外的勢力は関わっている」と答えて物議をかもした。

 日本ではあまり耳にしないカラー革命は、03年のグルジア・バラ革命、04年のウクライナ・オレンジ革命、05年のキルギス・チューリップ革命など旧ソ連で相次いだ一連の民主化革命のことだ。

 梁氏は「雨傘革命=外国の陰謀」という見方を認めた。「どの国か」と問われ、「世界のいろいろな地域のいろいろな国々だ。詳細は言うべきでないが、完全に国内的な運動ではない」と言葉を濁している。

 引き合いに出された汪副首相はロシア南部ソチを訪問中の10月14日、「西方国家(西側諸国)」と踏み込んだ発言をしている。「西側は香港でカラー革命を引き起こそうとして反対派を支持している」。西側諸国がウクライナ問題をめぐりロシアに経済制裁を加えていることを念頭に「中露は力を結集し、両国の戦略的互恵協力関係の発展に力を注ぐことで、西側諸国に反応すべきだ」とロシアに呼びかけたという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング