【小4なりすまし】青木大和氏の過去発言を検証する

東京ブレイキングニュース / 2014年11月30日 18時0分

写真

「どうして解散するんですか?」。そうした疑問を問うサイトは、自称、小学4年生、10歳の「放送部の中村」くんが作ったものとされていた。しかし、「大人がかかわっているのではないか?」との疑問が出された。

 実はドメイン名の取得に、NPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」の代表理事で、大学生の青木大和氏が関わっていたことがわかる。結局、自作自演だということがわかり、公式サイトで謝罪をし、代表理事を辞任した。謝罪の言葉にはサイトを立ち上げた理由を、以下のように書いている。

「なぜ解散するのか、理由がわからず、僕の頭の中には多くの疑問が残りました。そんな時に常に社会に対して疑問を持ち、どうして?なんで?と大人に問いかけていた自分の幼少期を思い出しました」

 この疑問自体は素直なものだ。大人の私だって、このタイミングで、しかも野党からの不信任案も出ていないのに、また、与党内での反安倍の動きが活発になったわけでもない。しかし、大学生が小学生になりすましたこと、その人物が政治系のNPO代表理事だったことも手伝って、「なりすまし」への批判が高まったのだろう。

 安倍晋三首相もフェイスブックで言及した。「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為だと思います。選挙目当ての組織的な印象操作ではないでしょうが、選挙は政策を競い合いたいと思います」と批判した。現職の首相が大学生のやらかした行為にコメントするのに「卑怯」という言葉を使うとは大人気ないのではないか。それほど、この「解散の是非を問う行為」にナーバスになっているのだろう。

 さて、渦中の青木大和氏はどんな人物なのか。東洋経済オンラインの連載『スーパーIT高校生のTehuの未来予測』の、「若者代表は古市さんじゃない、オレたちだ!新春U20対談 日本を変える10代(前編)」(2014年1月4日)に登場している。青木氏は1994年生まれの慶應義塾大学生。2012年春、10代の政治関心の向上、政治参加の拡大を目的とする高校生の任意団体「僕らの一歩が日本を変える。」を設立。NPO化している。

 青木氏は高校1年生の15歳のとき、一年間アメリカに留学した。そのとき大統領選挙の期間だった。そこで「オバマキャンペーン」を目の当たりにする。アゴラチャンネルのネット番組「言論アリーナ 国民投票法と憲法改正」(14年6月5日)に出演した際、このときの感想を述べている。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング