たかじん「殉愛」騒動で話題、及川眠子先生の著書を読んで...『ほぼ日刊 吉田豪』連載174

東京ブレイキングニュース / 2014年12月8日 20時0分

写真

 百田尚樹先生に売名行為呼ばわりされた及川眠子先生の著書『夢の印税生活者 作詞家になって年収を200倍にする!!』(03年/講談社)を読んでみました。ストレート過ぎるタイトル通り何でもあけすけに書いてある本で、やしきたかじんに対しても「東京ではほとんど無名に近かった。やはりあのゴキブリに似たような容姿が、都会人にはウケないんだろう」とあっさり切り捨てるからビックリ。

 もともと彼女とたかじんとの出会いの時点からいろいろあったようで、たかじんの「ポリスター移籍第一弾のアルバムに、私は四曲詞を提供した。でも、ディレクターが及川眠子に詞を書かせたいと言ったとき、一悶着あった」とのこと。つまり、たかじんがそのディレクターに「Winkに書いてるような作詞家に、俺の詞が掛けるわけないやろ!?」「ほな書かせてみい。書けんかったら、おまえの責任や!」と詰め寄ったそうで、そのことを「もし書けなかったら、どんな責任を取らされたんだろう? あのオヤジ、小心者のくせに粘着質だから、殴る蹴る程度ではすまされなかったかもしれない」と振り返る及川眠子先生は、たかじん以上に凶悪なわけですよ。

 そして、彼女とたかじんとの距離感の話も実に興味深かった。

「もう一五年以上付き合ってきた大地真央にしろ、やしきたかじんにしろ、私は仕事以外ではほとんど会ったことがない。たかじんさんに至っては、レコーディングにさえ行ったことがない。と言うよりも、彼も私に来てほしくないんだろうと思う。一度たりとも呼ばれなかった。年に一度か二度のコンサートがあったとき、楽屋でこんにちはを言うだけだった。そう言えば、たかじんさんはポリスターに移籍する前に組んでいた作家とはしょっちゅう合宿みたいなことをして、ミーティングしていたと言っていた。でも、私は一度もない。発注にはポリスターのディレクターがやって来て、『いつものようにお任せで』。そう告げて、デモテープを置いて行くだけだった。ポリスター移籍直後、異常なまでに気合が入っていた頃は、よく真夜中や明け方に電話がかかってきて、ほとんど訳のわからないことを一人勝手にぐちゃぐちゃ喋っていたのだが(あれはもしかしたら、彼なりのミーティングだったんだろうか?)、適当にいなしているうちに、どうも及川は冷たい女だと思われたみたいで、その後電話もかかってこなくなった。だって、朝の五時頃に電話がかかってきて、イヤぁな予感がするから電話に出なかったら、案の定べろんべろんに酔っ払ったたかじんさんが留守番電話に、『なんで今頃寝てるんやー! オレは戦うでぇ!』。そんなヤツの相手などしたくはない」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング