民主党が公募する「反骨のエキスパート」候補の笑えない裏面史

TABLO / 2015年7月9日 18時0分

写真

 民主党が「反骨のエキスパート」を募集していますね。7月3日から8月31日まで行っている「第二次公募」ですよ。ただし以下の「条件」があるようです。「休みがなくなる」「批判にさらされる」「からだはきつい」「収入は減る」「当選の保証なし」「しかも民主党だ」「それでも日本を救う気概があるなら、ぜひ応募を」と民主党は言っていますが、「しかも民主党だ」は自虐ネタとして、このうちの「当選の保証なし」を見て噴き出しましたわ。

 というのも過去に落選した泡沫候補で、「落選するとは聞いていない!」と当時の執行部に文句をたれて、生活の保証を請求したのがいたらしいんですよ! でもね、そもそも彼女が当選する可能性はゼロだったんですよ。だって与えられた選挙区は自民党王国ど真ん中。3世の現職が堅固な後援会組織に守られ、圧倒的な強さを誇っていましたから。

 地盤も看板もカバンもない彼女がそこに候補に擁立されたこと自体、「小選挙区での当選は期待せず、比例区の票をなるべく多く獲得する」という党の方針がミエミエなんですよ。というか、擁立された本人も自分の役割に気づくべきですよ、まあ頭が悪くなければですけど。

 などと言いましたが、実はワタシ、本人に直接会ったことがありまして......。いやもう第一印象からビックラこきました! だっていまどき、まぶたの上に青いアイシャドーですよ! しかもライン遣いでもなく綺麗にぼかしもせず、真夏でもないのにシルバーのラメがキラキラの青いシャドーですよ!

 そして「ワタシ、キレイでしょ!」とアピールするように目をぱちぱちさせていた彼女の口から出た第一声が、「どうやって仕事をとっているんですか」だったんですよ! 初対面でいきなりおカネの話ですよ! しかも、公認候補として出馬したくせに、「思いやり予算? それって何ですか?」と平然と言ったんですよ! まあ「それってオイシイの?」と聞かなかっただけマシか......。いや、同じだ......。

 なので、彼女が出馬した時にどんな選挙を展開していたのかについて県連関係者に聞いてみたんです。そうしたら、「ああ、アレね。あーでね、こーでね(具体的内容は略)。無知なくせしてあんまりエラそうなので総スカンになった。『もう二度とうちに来るな!』とみんなが言っている」とのこと。ああ、やっぱり......。

 ですからこの「当選の保証なし」という要件は、民主党の「裏面史」を知るワタシとって、あの彼女に「バカは二度と応募してくるな!!」と拒否っているように見えたんですよ(笑)。

Written by 安積明子

Photo by 民主党HPより

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング