小池都知事に問いたい 「意味あります?感染防止ステッカー」 行きつけの店を守るために

TABLO / 2020年8月12日 14時50分

写真

これって何だったのでしょう(撮影・編集部)。

 

「新型コロナウィルス感染拡大防止中」のステッカーって意味あります?

小池都知事がほぼ全く無策(安倍総理も)の中、ほとんどの店がこのステッカーを貼っています。これがコロナ対策だとすれば、意味がない、というより混乱を招いているだけです。客も店側も。

「このステッカーが貼られている店は安心」と当初は思われていました。

が、果たしてそうでしょうか。

クラスター化の「震源地」と言われていた歌舞伎町ですが、現在は目の敵にされていただけに、コロナには余計に気を付けているように感じます。

歌舞伎町と言えば、「密の象徴」だったゴールデン街などは、店主がフェイスシールドをしたり、カウンターと客席の間にはビニールシートを貼っている店も間々みられます。

石原慎太郎都知事の時代に「東京四大都市」とされたのが、歌舞伎町のある新宿ですが、その他には池袋、六本木、渋谷が内規として挙げられています。このうち池袋でもクラスターが発生し、同じく世間から白い目で見られました。四大都市のうち、渋谷、六本木は大規模なPCR検査は行われていませんが、新宿や池袋と同様の結果になるような予感がしないでもありません。

東京都で言えば、あるいは大阪や名古屋のような大都市で言えば、繁華街よりも、むしろ郊外での飲み屋、居酒屋、バーの方が気が緩んでいるように思えます。「要注意の街」として報道されていませんから。あえて街の名前は伏せますが、雑誌やテレビなどに「若者に人気の街」と称されているような郊外の街の飲み屋です。

 

関連記事:なぜ他の街で集団検診が行われないのか 都知事選が迫る今、歌舞伎町=「悪の街」イメージにお上の思惑を感じる | TABLO

 

「新型コロナウィルス感染防止中」ステッカーは、「換気をよくしている」などの条件をクリアします、

居酒屋編では
・座席の工夫など従業員も含めて対人間隔を確保し、大声で会話しないよう周知している。

接待を伴う飲食店編では
・座席の工夫など従業員も含めて対人間隔を確保し、大声で会話しないよう周知している。

とあります。これが守られる店は中々ないでしょう。そもそも酔っぱらって大声でしゃべるのが、居酒屋やバーの主たる存在価値ですから。ですからこのステッカーは全く意味がなく、貼っている店は「心がけます」という店主の心の表れなんだな、と客としては解釈するしかなさそうです。

店側としても、ステッカーを貼らない訳にもいきません。これによって少しでも客が来てくれればという思いでしょう。

それでも客は飲酒をすれば、大声を出します。反対に、ソーシャルディスタンスを守る客もいます。席が近ければ、感染のリスクを避けるため、ソーシャルディスタンスを守る客がその場を離れざるを得ません。

店側も、気分よく飲んでいる客に注意をするのは、特に常連の場合はし辛い為、双方らとって厳しい状況です。それも都や国が明確なガイドラインを示さないからです。

 

参考記事:東大の名誉教授が熱弁!感染拡大の原因とされる『エピセンター』とは何か 火急の対策をとらなければ「来月は目も当てられない状態になる!」 | TABLO

 


店によって色々あるように「自粛警察化」しているケースもあります。知人が昼食に入った店は厨房とテーブルの間にはビニールが敷いてあり、かなり感染には気を遣っていました。が、昼食を食べ終わってから、他に客がいないので少し話をしていると、「食べ終わったなら出ていってくれ」と追い出されてしまいました。

無自覚な客を放置している店とは極端に違います。しかし、これも上記と同様、どうかと思います。「やり過ぎ」でしょう。

自分たちの行きつけの店から感染者を出さない為に、客はどううすべきか。あるいは店側もどうすべきか。双方が、「この時期だけは」気を付けなければならない状況です。

ここまで書いて、要するに「客と店がお互いに気を遣う」大人の対応が大切だと言いたいのですが、都は、国はこれだと完全に国民任せ状態です。

現在は国難と言って良いでしょう。そのさ中、国会は開かない、記者会見は申し訳程度にしかやらない。これほど無為無策な政府、都政はあったでしょうか。人心乱れる中、国のトップが国民にメッセージを送るのが為政者たるものの義務ではないでしようか。人間を人間たらしめるものは義務感です。(文・久田将義)

 

あわせて読む:首相会見が怖すぎる 朝日新聞が「官邸職員が記者の腕をつかんだ」事に抗議 官邸は否定 嘘をついているのはどっちだ|プチ鹿島 | TABLO

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング