遂に劣化!? 永作博美の近影が「年相応」と話題! 「自然でいい」「こんな可愛らしいアラフィフはいない」と称賛の声も多数!

TABLO / 2020年10月9日 5時40分

写真

写真はイメージです

女優の石田ゆり子さん(51)と並び“永遠の童顔”として人気を博している女優・永作博美さん(49)。10月14日には50歳となる永作さんは現在、10月23日公開の主演映画『朝が来る』の番宣でメディアに露出中ですが、そこで見せる最新の姿が“年相応”になったのでは…と話題を呼んでいます。

永作さんは10月6日、都内で行われた映画の完成報告記者会見に、共演の井浦新さん(46)や河瀬直美監督(51)と一緒に出席。この日の永作さんはフェミニンなドレスにメイクもしっかりめで大人の女性、といった雰囲気を醸しだしていたのですが、10月2日にTBSの公式YouToubeチャンネルで公開された『サワコの朝』10月10日放送分の次回予告編では、メイクがかなり薄めのナチュラルな風貌で、いつもの若々しさがあまり感じられないルックスに見えたのでした。

参考記事:【動画あり】“年相応”でもなお魅力的! 永作博美の自然体に「素敵!」と絶賛の声 | TABLO

記者会見の姿や番組出演の永作さんの近影を受け、ネットでは「さすがの永作も年相応に老けたね」「童顔の人は急に老けるからびっくりする」といった驚きの声が。しかしその一方で、「いい歳の取り方してるやん」「変に整形しまくって顔つっぱってる芸能人より自然でいいよ」「必死に若作りしてるオバサン芸能人よりよっぽど魅力的」「一般のアラフィフにここまで可愛らしい人はなかなかいない」といった称賛の声も上がっていました。

「映像を見ると目の下のふくらみ、ほうれい線や口周りなどに年齢を感じますが、それでもツルツルの美肌はさすが女優といったところ。それに永作さんといえば2010年と2013年に高齢出産でお子さんをもうけ、現在も子育てしながら映画やドラマの主演を張るという凄まじいバイタリティの持ち主。それだけ忙しいのにあれだけの美貌をキープできているというのは凄いことなのでは」(芸能ライター)

50代に突入して“童顔”とはまた違った魅力を醸し出すこと間違いなしの永作さん、素敵です!(文◎小池ロンポワン)

あわせて読む:「可愛すぎて萌え」 石田ゆり子(50歳)の“舌づかい”が100万回再生! 女性からも男性からも賞賛の声! | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング