“国勢調査の黒塗り提出”に「気持ちは分かる」と『とくダネ!』で小倉智昭氏が発言 黒塗り提出は罰せられる可能性もあり推奨してはいけない

TABLO / 2020年10月9日 11時53分

写真

画像はイメージです

9日放送のフジテレビ『とくダネ!』にて司会・小倉智昭氏が、現在ネット上で物議を醸している“国勢調査の黒塗り提出”に『気持ちは分かる』と発言。視聴者から「まともな世間の感覚とズレすぎ」「黒塗りしたい気持ちは全く分かりませーん」といった声が寄せられているようです。

関連記事:竹内結子さんの死についても自慢話? 『とくダネ!』の小倉智昭が酷すぎるコメント “ボクだけがズケズケ聴いた”インタビューとは | TABLO

10月6日、立憲民主党の真山勇一参議院議員が自身のTwitterで『こういう黒塗り文書を幾度となく出された側として、この怒りに100%同感する』とつづり、一枚の画像を投稿。

そこには回答欄が真っ黒に塗りつぶされた国勢調査票と、「国民が国に求める情報を全て開示してからにしろ!!」と書かれた付箋が見受けられます。

しかし、黒塗りでの提出では法律で罰せられる可能性があり、こうした行為を推奨していると受け取られかねない真山議員の投稿に、ネット上では「国会議員が法律違反推奨とか世も末だろ…」「これ載せて良いか悪いかも分からないのかな?」などといった批判が多く寄せられていました。

こうした騒動について、『とくダネ!』の司会・小倉氏は『黒塗りにしたい気持ちは分かります』とコメント。その一方で『政府が黒塗りで情報開示してきた時に、我々はちゃんと開示してるんだからそっちも出しなさいよって言うんだったらいいけど、実際にこれやったらまずいよね』とし、実際に行動してしまうのは問題であると指摘していました。

しかし、この『気持ちは分かります』といった言葉に、過敏に反応した視聴者も少なくなかったようです。

参考記事:『とくダネ!』のTikTok推しがすごい 若者が危険に晒されても関係ないというスタンス 小倉智昭氏も大絶賛系アプリ | TABLO

ネット上では「え、黒塗りしたい気持ちがわかるの?」といった声をはじめ、

「小倉さん意味不明。なんで真山議員の気持ちが分かる? この番組終わってるよ」

「“黒塗りにしたい気持ちは分かる”ってドン引きするわ、普通は批判されるべきことをしてるのに」

「やっぱり小倉さんおかしい。まともな世間の感覚とズレすぎ」

「黒塗りしたい気持ちは全く分かりませーん」

などといった声が寄せられていました。

また、中には「小倉さんもほら…隠したいものがあるから…。だから黒塗りの気持ちも分かっちゃうのよ…」といった声もあり、思わぬところから余計な憶測を呼ぶことになってしまったようです。(文◎絹田たぬき)

あわせて読む:消費税上げる意味ある? 2019年度は社会保障費が過去最高 国民は『好景気』にピンと来てないぞ! | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング